スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / --. Posted in スポンサー広告 [編集]

メール感想レス

>hanaさま

こんばんは^^
いつもお越しくださってありがとうございます。

夏のだるさに本当に参っていましたが、もうすぐ真夏も終わりですね。お盆を過ぎたら少しずつ涼しくなってくるのでしょう。そう思うと残念な気もしますが・・・。そちらはどんな夏を過ごしておられるのでしょうか。

ナイス!べリスさん!


わはは(笑
本当に、ヴィクター以外の名前を書いていただくのは珍しいことかもしれませんね。
でもその先でちょっとお説教もしてしまい、ベリスは損なお役目になってしまいました。

次回からちゃんと、脳内に彼の「顔」浮かべます。


ベリスのビジュアルは、私の中でもあんまり固まってなくて、顔を浮かべるのは一苦労です。読んでいる方のほうがもっと苦労なんだろうな・・・。す、すみません。本当に、もっと分かりやすく、キャラの外見を描写しなければならないと反省しきりです。

hanaさんの頭の中に浮かんだ「ベリスの顔」って、どんななんでしょう・・・。
ああ、ここにお絵かき掲示板があれば・・・私のバカーッ!

絵の力って偉大ですよね・・・。本当に。
今度、絵描きに人物紹介作ってもらってきます。・・・全キャラ分。
あ・・・フィアとかヴィクターのはもらってるので、今度アップしますね。
スポンサーサイト
2008 / 08 / 16. Posted in 感想レス [編集]

一行感想レス

明日は日帰り旅行に出かけるのですが、お天気が微妙です。
もしかしたらスコールとか降るかもなあ・・・。
日ごろの行いは・・・・・。
・・・・・?

レヴィンさんは相変わらず、というよりパワーアップしてますね


こんばんは^^ 感想ありがとうございます。
レヴィンがなんだか、でずっぱです・・・。
しかしなぜあんなにワガママなんだろう。正直言って、あんな自分勝手でワガママ全開なキャラは書いたことがありません。ちょっと珍しいキャラかもしれないです。自分的には。・・・でも「騎士と乙女」は、今まであまり書いたことのないキャラがたくさん出てきます。

レヴィンとか、エドアルドとか、シグワスとか。書いていて、ときどきああいう、怪物のようなキャラが出てくるところが怖いです。主役の影が・・・。今回は皆、おとなしくしていてほしいと切実に思っています。なんか、危ない動きをしてるヤツがちょろちょろといるので、警戒はしてますが・・・。

トラブルが寄ってくるみたいな、この流れ…。


こんばんは^^
何しろ、「疫病神」ですからね!
巻き込まれ型の主人公というのは珍しくもなんともないのですが、フィアの場合、いけるところまでいってみようかなという気が、書いていてするのがちょっと怖いところです。この作品の先を考えたのですが、いろいろと、とんでもない結末をたくさん思いつけるんですよ・・・。

「聖女編」では、法皇に成り代わるという展開も考えていました。
ただ、そこまでは入れられなかったので断念。
もともと、設定の上で、初代女法皇になったシスターというのが、フィアのような一介の修道女だったのです。イグナシエルという名で、そのうちお話のどこかで書こうとは思っているのですが。

いつか、そんな展開も入れられたら面白いんですけどね。(危険発言)

ちょ、そ、そこで止まるんですか!?


いらっしゃいませ。^^
うは、すみません、変なとこで切れてしまいました・・・。(笑)
この次のお話は、また何話かで上げないとわけが分からない感じなのです。準備はだいたいできているので、帰宅したらアップしようと思います。ちょっとお待ちを! 勢いで書いているので、さすがにそのまま載せてしまうと公開を後悔する羽目になるんですよ。
(いつもそんなような心境だから、別にいいっちゃいいんだけどね・・・涙)

読みました!3日ぐらいかけて一気読み。


いらっしゃいませ^^

今まで何度もいただいた「一気読み報告」。ひーっ、と青ざめる反面、とっても嬉しい報告でもあります。もっと精進しなければならないと、一番気が引き締まる瞬間かもしれません。至らぬところばかりだったでしょうが、ぼちぼち、この先もお付き合いいただけたら幸せです。

本当に、ひとりだったら書いてないなあ、と思います。いつも。
ありがとうございます。しみじみと。

陛下の笑顔がご希望ということで、・・・ええ、沿いましょう。無論です!q
2008 / 08 / 16. Posted in 感想レス [編集]

一行感想レス

北京オリンピック、終わってしまいましたね。

毎回見るほうではないのですが、今回はチャン・イーモウ演出の開会式と閉会式を見られて、満足しました。どこからどこまでが彼の意図したものなのか分からないけど、もうお腹いっぱいだ~。

閉会式の歌は一組で良かったんじゃ・・・。
あと、ドラム叩かなかった子とかは一体・・・。

相変わらず中国はナゾでした。
でもオリンピック、面白かった!



一気読みしました。続きがすごく気になります。

いらっしゃいませ。^^
一気読み報告ありがとうございます。
分量が多いし、誤字脱字はあったろうしで、ほんとに大変だったと思いますが、続きを気にしていただいて嬉しいです。自分では「こんなに書かなくていいだろ~」「そろそろ違うの書けば・・・」などと思わなくもないのですが、足を運んでくださる方がいるかぎり、長編小説にはやはり挑戦し続けたいところです。

グダグダなときもありつつ、マイペースで進んでいけたらなぁと思っています。
感想ありがとうございました^^

いやー続きめっちゃ気になる!!

こんばんは^^
フィアとヴィクター、どうなるのでしょう。本当に、分かりません。(書いてるのに)
最初のうちは疲れながら書いていたせいもあって、なんとか頭で制御してたんですが、最近元気が戻ってきたので手が勝手に書いています。自分でも「へー、そうなんだ・・・」とか思いながら書いています。不気味です。

それにしてもあの二人の前には、障害がいっぱいですね。
まあそう簡単にはくっつけさせませんよ。フッ・・・。(←今一瞬だけレヴィンだった)

アラリスの取り乱し様が気になりますね~。

こんばんは!
だいぶ涼しくなってきましたね。
そうそう、アラリスの取り乱しっぷりは私も気になります・・・。(オイ)

今回アラリスはけっこう登場率高いです。「何があったんだ」と内心モヤモヤしてる方もいらっしゃるかもしれないのですが、その予感が当たるかどうかは、先のお楽しみということで・・・! とかいってまた例のごとく、先のことなんも考えてないんだったりして。(涙)

フィアは・・・その・・・
どうしたらいいと思います?(人にきくな)

ガーラント、格好いいですね。アラリスさんの過去が衝撃的でした。

いらっしゃいませ♪
メールもありがとうございました。とても嬉しく拝読しました。
そちらのお返事はまた後日、改めてさせてください。

アラリスの過去ですが、昔って、こういうことって日常茶飯事だったんだろうなあと思うんだけど、どうなんでしょうね・・・。そういう原始的な行動を抑制するために、キリスト教が必要とされた部分もあったんじゃないかなあ、と思ったり。

キリスト教は愛の宗教だというけど、愛って難しいなと思います。
そのへんのことを、今回は少し書きたいんですよね。
気長におつきあいただければ幸いです。

お久しぶりです。アラリスの心の中にはもしかして???

こんばんは^^
久しぶりに来てくださったのですね。ありがとうございます!
お変わりなく過ごされてましたでしょうか。

>アラリスの心の中には
 
誰がいるんでしょうね・・・。
そこまで書いてみないことには、彼女の気持ちは分からないのです。
途中で「ガーラント!」ってことになるかも・・・って、ならないか。どう考えてもね。なんか「恋人にはしたくない」とか言っちゃってたしね。でもこれ以上はここには書けません。・・・続きがんばります!
2008 / 08 / 25. Posted in 感想レス [編集]

メール感想レス

アーリアさま


初めまして。
深海のラフマニノフ外伝「鐘」をお読みくださり、ありがとうございました。
今振り返ると気に入らないところがたくさんありながらも、書きたいことは書けた作品でした。どこかなりとも共感してくださったのなら、それ以上の喜びはありません。

そんな時、ショパンとシューベルトを聞くと、ほっとします。


いいですね。
ほっとする曲、ほっとする空間というのがありますよね。私はひとりになれる空間へ行くととても癒されます。ひとりきりでカフェ。図書館。時には公園でぼーっと。日常、磨り減っていく何かが少しずつ戻ってくる気がします。

このあいだはあまりに疲れていて、家族から「何かに呪われてるんじゃない?」とか「人間を諦めてる」とか言われて、これじゃイカンと思って滝へ行ったんですよ。・・・ひとりで歩いていったわけじゃありませんよ? 車で連れてってもらいました。

すごく天気の良いお昼だったので、滝へ行ったらものすごく癒されました。
滝つぼ近くまで行って、流木の上に座って、見上げたら圧巻でした。豊かな、尽きることのない水脈があとからあとからどうどうと流れ落ちてくるんです。その回りに水しぶきが散って、そのしぶきひとつひとつに太陽の光が透けてキラキラするんです。それがもう眩しくて、きれいで・・・

自然の力って、すごいなぁと思いました。あの滝を見ていると、何かが「磨り減る」とか「尽きる」とか、そんなこと気にしなくていいんだ、と思えます。奥深いところにとてつもないエネルギーが眠っていて、それが、地球も、人も動かしているんだなと思えます。

自分の中にもそんな力が眠っているんでしょうね。本当は。
でも、人はその力をうまく引き出せずに、疲れたり、気力をなくしたりします。そうさせるものが周囲にあって、どうしようもない、という状況であることもあります。私も、そんな感じだったかもしれません。それに文句を言ってもどうにもならないから諦める。諦めると、人は少しずつ気力を失っていくんです。
なんとなく・・・お気持ち、分かるような気がします。

有意義に時間を過ごすことができました。ありがとうございます。


こちらこそ、このようなへんぴなサイトに足を運んでいただいてありがとうございました。^^
もっと作品数を充実してお迎えすることができれば良いのですが。
今後は短編も増やそうかなあ・・・。

本編は今は掲載しておりません。かなりライトノベルだったので、今はもう少し違う形で書きたいと思っています。投稿といってもあまり気が乗らないし、近いうちにこちらに連載しようかと思いながら、なかなか思いきることができないのですが、そろそろ挑戦するべきかもしれません。

それでは、長くなりましたがこのへんで。^^
お体、くれぐれも大事になさってくださいね。
励みになるメールをありがとうございました。
2008 / 08 / 25. Posted in 感想レス [編集]

メール感想レス

りすさま


あれ・・・よく見たら「返信不要」とありましたね。(汗
いつものクセでつい、書いてしまいました。ごめんなさい。

でも・・・小説を書き始められたんですね!
いいじゃないですか~。最初はやっぱり「楽しく書く」、これですね。私は長く書きすぎて時々忘れるときもあるんですが、(気力との兼ね合いもあり・・・)しばらくするとやっぱりスタート地点に戻ってきます。初心大事。

脇役も含む登場人物


1を書いてたときは、本当にいろんなものを省いていて、脇役も名前なんかどうでもいいし、過去とか誰も知りたくないだろう、だからカット、みたいにものすごくおおざっぱにやっていたんですが、さすがに長くなるとそれじゃあ誰が誰だか分からなくなってくるので・・・(カットしすぎて余計にわけわからなくなっていたことにやっと気づいた)

ガーラントもアラリスも、1ではほんとに何も書いてなかったなぁと思うんですよ。
それで今回は書いてみてます。書き始めると、「ああ、こういう人なんだな」とか、少しずつ分かってきます。そんなとき、しみじみと「書くって、楽しいな」と思いますね。おもいっきり今、本筋から脱線してる気がしますが・・・

気にしない!
ダッテ、書きたいものを書ければいいんだモン!!

という具合に、「開き直る」というのが、小説を書く上では最も大事なことです。
執筆、いろいろ大変なこともあると思いますが、頑張ってください! 応援してます。^^
2008 / 08 / 25. Posted in 感想レス [編集]
カテゴリ

openclose

タイトルリスト#
◆Date:2008年08月
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。