スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / --. Posted in スポンサー広告 [編集]

一行感想レス ~2009年新年~

明けましておめでとうございます。

皆さま、どのようなお正月を過ごされましたでしょうか。
私は正月休みの長かった父につき合って、あちらの神社、こちらの神社とドライブがてら行ってまいりました。でも、やはり地元の神社が一番落ち着くような気がします。ものすごい雪で、行くのは大変でしたけどね。



ええ~っ、これで終わりなんでしょうか、年内。フィアちゃん悲しすぎる・・・。


す、すいません。私も、「こ、これは!」と思ったのですが、続きが間に合いませんでした。(ううっ) なんとかちょろっとアップしたのですが、牢から救い出すことはできず。誰が救出に来るかは決まっているのですが、その前にちょっとした心の変化があったり、なかったり・・・?


エミリアとジュリア、なんだか憎めません。特にエミリア(笑)


なんか、気がついたら変なキャラになってしまいました。(笑)
エミリアとジュリアが暴れる回は、けっこう前から考えていたのに、他にいろいろと寄り道していたら掲載が遅くなってしまいました。でも、なんとか掲載できてヨカッタです。

>このまま年越しでしょうか、哀れ・・・

そ、そうなんです。年越しになってしまいました。私もこんな年越し(?)だとは思ってなかったんですが・・・。でも牢に入っていてもひと悶着あるのがフィアかなあ、と思ったりして。今書いているのは「牢屋編」です。(笑)


年越しまで牢屋なんて…王様!!なんとかして!

いらっしゃいませ。
最近活躍の気配がない王様ですが、何をしているんでしょうか。私も気になります。
颯爽と助けに来てくれれば、フィアもじめじめした牢屋暮らしとはオサラバなのですが・・・。

>獄中の乙女心のその乙女がフィアだったとは

まさにその通りでした。鋭いコメントにドキリ。(笑)


この状況で王様がどう動くか…すごい楽しみです!!

いらっしゃいませ。
たびたび物語から姿を消してしまうヴィクターですが、今回もちょっと不在ぎみですね。おそらく別のお話の上で頻繁に活動しているのですが、それを平行して書くことができないのが残念です。でも最後は結局、おいしいところを取っていく気がするので、それまで気長にお待ちいただけたらなあと思うのですが・・・駄目ですかね? ヤッパリ。


王様なんとかしろ!

陳情書がたまってまいりました。(笑)
皆さまからのお言葉、しかと伝えておきます。

しかし、この状況で助けに来なかったら、非難ごーごーだよなあ・・・。
などと考えつつ、感想ありがとうございます!
今年は去年より気合入れて更新したいですね。


牢屋は寒いぞ。風邪をひかないでね、フィア~



フィアへの労わりのお言葉、ありがとうございます。本人喜ぶと思います。

>嘆きの「王妃」、王妃ってやっとフィア?

「1」が「偽りの聖女編」というふうに自分の中ではなっていて、聖女に間違えられたことからはじまる数々の騒動のお話だったのですが、今回は副題が決まっておらず、どうしようかなあと思っていたんです。

でも、何も考えずにけっこう書き進んできてしまって、ふと振り返ったときに、やっぱり今回は王妃編かなと思いまして、そういう副題にしました。「王妃の嘆き」と「嘆きの王妃」とどっちにしようか迷ったんですが、結局後者で。

嘆きの王妃は三人ほどいます。その中にフィアが入っているかどうかは、今のところ秘密です。(←秘密=未定のこと)

それでは、感想ありがとうございました!


レヴィンとアラリスのやり取りが面白かったです。それにしても、ヴィクターなかなか出てきませんね。


いらっしゃいませ。
レヴィンとアラリスって妙な組み合わせです。アニメのように喋りながら動いてる絵があれば、容姿の違いが際立って面白いのですが。ただ、私の中で「レヴィンは変な女と結婚する」というイメージがあるので、アラリスとくっつくことはないでしょうね。(誰もきいてない)

>ヴィクターなかなか

時々物語からふっと姿を消してしまうので、困りものです。どこをほっつき歩いているのか・・・。(たぶん執務室に缶詰)





皆さま、2008年は大変お世話になりました。
いたらない書き手ですが、今年はもっとがんばりたいと思います。
また、お茶を片手に訪れてくださると嬉しいです。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
2009 / 01 / 07. Posted in 感想レス [編集]

メール感想レス

庭で放置している木から収穫したはっさくが、けっこうおいしいと思う今日このごろ。



01/12にメールくださったみきさま


いらっしゃいませ!
フィアのことやヴィクターのこと、丁寧に書いてくださってじーんと感激いたしました。「罪人」のような小さなエピソードも覚えていてくださって、本当に嬉しく思います。ありがとう~!

>あのすっとぼけたとこも、厄介ごとを次々と引き起こす体質も、見当違いな頑張りで事態を悪化させる悪い癖もひっくるめて

そ、そこまでひっくるめて愛して下さるのですか!Σ

>現実に、フィアのような人がいたら、ぜひお友達に

現実に近くにいたらとっても困ると思うのですが(笑)、そう言っていただけて嬉しいです。
フィアのようなトラブルメーカーを主人公にしたことがあまりなくて、最初のうちは難しいところもあったんですが、今となってはフィアなくしては成立しないお話だなあと思っています。

これからもどんな失敗や活躍をするか分かったものではありませんが、気長に見守っていただけたら幸いです。ではでは、心温まるメールありがとうございました。^^


01/13にメールくださったKONAさま


いらっしゃいませ♪

>ヴィクターひどいー(T_T) (アラリス的に)

いや本当に・・・。最低ですよね。(←・・・)
シリーズ通しての「問題作」となってしまったアラリス番外編でした。これ以上の問題作が今後、出てくることがあるかどうか・・・。たぶん、あると思うんだけど・・・!(ヴィクター絡みかどうかは別として・笑)

>まとめてがーっと読むのが私の中の騎士乙なので

どんな読み方でも嬉しいです。今年は毎月毎月、一定量は確保していきたいなーと思っているところです。日常生活の隙を見つけて書いているので、ときどきすごい無茶なときに書いて変なふうになってるときもあるのですが、ご、ご愛嬌・・・。(orz...)

>ブログで

わー、ありがとうございます! さっそく記事を拝見して、今年も最初の月だというのにすっかり嬉しくなってしまいました。いやもう、問題など何もございません! 紹介されてるのを見るだけで感激です。こうなったら、今年も一段と楽しんでいただけるよう、問題エピソードてんこ盛りでお送りするしか・・・!!(・・・アレ普通のエピソードは?)

それでは、メール&お知らせ、ありがとうございました。^^


01/13にメールくださったluciaさま


あけましておめでとうございます!^^

新年早々、牢獄からのスタートとなってしまい、縁起が悪かったですね。(笑) そんな作品ですが、いつも読んでくださってありがとうございます。

>クリスマス直後の安い時期を狙って3泊4日で

ローマ、いいじゃないですか! ローマローマ!
わたしが子供のころに好きだった作家さんがよくローマのお話を書いてらしたんですが、ヨーロッパを書いていくと、いきつくところは「ローマだ」と仰ってたのをたまに思い出します。一度は行きたい憧れの地!

>壮麗で陰鬱な(?!)大型建築いっぱい見て

向こうの建築物ってものすごいですよね! スケールというか、思想からしてまったく違うんだなあと思い知らされる建物というか。テレビで世界遺産シリーズを見ながら思ったんですけど。(肉眼じゃない。しくしく・笑)

それでは、メールありがとうございました。^^
自分が行けない海外の雰囲気に触れられるので、いつも楽しく読ませていただいてます♪
2009 / 01 / 14. Posted in 感想レス [編集]

メール感想レス

ここ数日、びっくりするくらい冷え込みましたね。
雪が降ったところも多かったのではないでしょうか。ちょうどお正月あたりから降って、今年の一月はなんとも真冬っぽい月になったみたいです。この寒気も春が来ればお別れと思うと名残惜しいのですが、パソコンを叩く指がかじかんで・・・!
妹は指先のところがない手袋を愛用しているらしいです。私も必要かも。


01/01にメールくださったあやこさま


>明けましておめでとうございます!

おめでとうございます^^

>2008年はriraさんの素晴らしい小説に出会えた、とても楽しい1年と

はわわ、わたしの小説など・・・! 趣味でチマチマ書いていたものが、いつのまにか長編になってしまい、シリーズになってしまい、どうするんだこの話、と思っているところなんですよ。(笑)

でもわたしも、たくさんの方にサイトを訪れていただいて、とても幸せな一年でした。実を言うとあの物語、書いていて満足したためしがほとんどないんですが、だからこそ次へ、次へと書き続けていけるのかもしれません。出来の悪い子ほどかわいい、そんな心境かな?

今年は去年よりもたくさん更新するというのが目標です。
お互い、充実した一年になるとよいですね。*^-^*


01/01にメールくださったかなめさま


メールありがとうございました。^^
「近い地名が出るたびにひそかに」・・・とのことで、もしかしたら近県の方かもしれませんね。(鹿ネタでちょいちょい地名出ましたもんね・笑) 普通に暮らしていたら会わない方々が、こうして小説を読みに来てくださるというのがなんとも不思議です。

レス不要とのことでしたが、作品への暖かい考察を読ませていただいて、本当に嬉しく思いました。今年もどうぞお見捨てなく、宜しくお願いいたします。
2009 / 01 / 14. Posted in 感想レス [編集]

一行感想レス

リニューアル後、サイトのトップからブログの更新情報を見られるようにしました。「BLOG」ボタンでご確認くださいませ。(スクロールでも一応いける)

(RSSフィードの日付表示が正しく表示されていないので、一時的に外しました。他のRSSフィード使うと正常になるのですが、そちらは記事の内容を表示する機能がなくて、一長一短というところです。他に良いのがないか探してみますね。それまで少しご不便をおかけします)


では以下、感想レスです。


話が進むたびにレヴィンの株が急降下して行きます。どうしたものか・・・

こんばんは、いらっしゃいませ♪
レヴィンの株は、今後さらに下がるかもしれません・・・よ!?(ぇ) そういえば、書き直すごとに活躍が減っていったのがレヴィンでした。今気づいた驚愕事実。最初はもっと真面目に働いていた(ような気がする)し、フィアとの絡みも多くて、なかなか笑わせてくれるヤツだったのですが・・・。

初版では、レヴィンがフィアを殺そうとして床に組み強いていたら、そこをヴィクターに目撃され、本人激しく動揺する、という意味不明なシーンがありました。今回はその原点(いらん原点)に帰ろうと思って珍妙なエピソードを用意しているのですが、話が修道院軸なのでなかなか出せません。(うう)


でもヴィクターがフィアの手紙を一々コレクションしていたなんて・・・

こんばんは。いつも感想ありがとうございます。^^
私も、そんなことがあったとは知りませんでした。(笑) でもどうもそうらしいので、忠実に書いてみたのです。よく「キャラが勝手に動く」と言いますが、自分で勝手に動き、こちらが動かそうとしてもビクともしないのが長編の困ったところです。
ちなみに心の声って、あれかなあ・・・。(聖女うんぬんっていう・笑)


いつかレヴィンがフィアの事を認めてくれる日がくるんでしょうか…

いらっしゃいませ!
レヴィンは何か考えていることがあるようなのですが、今のところそれは明らかにならないようです。でもわたしから見ると、彼は一度気を許した相手にはとことん弱くなってしまうタイプなので、それでフィアと仲良くなりたくないんじゃないでしょうか。(笑)

話が進むと、「レヴィンとフィアって、こんな時期もあったんだな」と思って、かえって懐かしく思うかもしれません。なんだか、そんな予感が漠然とあるもので。(しかし何がどうなってそうなるのかは、今のところほとんど考えていない・笑) 続き、がしがし進めていきますね!


いろんなキャラクターの外伝が読みたいです

いらっしゃいませ♪
外伝は滅多に書けなくて、唯一、アラリス編が(本編から飛び出して)形になったくらいですね。本当は全キャラ外伝書きたいくらいなのですが・・・。といっても全キャラ分、きちんとバックストーリーが決まっているわけではないので、勢いがないと書けないのです。

今まで書いたものとしては、ヴィクターには実は従姉がいるという設定で、その従姉(レティシア)とその子供(フェムレー)という二人のキャラの外伝風の小話があるくらいでしょうか。この従姉は意外に重要人物で、さらりと書き流すには向いていなかったので改訂後は登場しませんでした。

今一番書きたいのはレヴィンの外伝なので、それをどこかで書ければいいなあと思うんですが。今の流れだとちょっと難しいかなー。本編を進めねば!


兵士の言った(平民だったら牢に・・)一言が、フィアの不安な気持(身分差)を更に深くしなければいいな

いらっしゃいませ♪
なんの因果か、新年(作中ではいちお春)を牢で過ごすことになったフィアでした。皆さん心配してくださって、幸せなヤツ・・・としみじみ思いましたよ。(涙) ・・・と言ってもどこにいてもマイペースなので、さっそく巻き込まれている被害者が一名いるようですが、実は地味に重要人物だったりも?


あけましておめでとうございます。フィアが相変わらずで嬉しい(殴)限りです。ヴィクターがんば!

おめでとうございます^^ 今年もよろしくお願いします。
今年もトラブル全開で頑張ってくれることと思います。(!?)
ヴィクターは何か考えているのだと思いますが、わたしにもよく分かりません。たぶんまだ動く時ではないと判断しているのでしょう。確実に勝てる時しか動かなさそうな人なんで・・・。もしくはただ単に、ほかのことで忙しすぎて忘れているのかもしれません。(どっちにしてもひどい)



それでは皆さま、感想ありがとうございました♪ 引き続き更新がんばります。


ヴィクターcharacter2.jpg

絵師からイラストが届いたので、こっそり先行公開。
たぶん二・三日中にキャラ紹介ページができる予定。
2009 / 01 / 14. Posted in 感想レス [編集]

一行感想レス

一行感想レスです。
新年早々、今年も皆さまの感想を読ませていただきながら小説を書くことができて、とてもありがたいなあと感じています。ランキングにも登録させていただいたことだし、今年は去年よりも量・質ともに上回っていけたらなあと。頑張ります!


フィアのトラブル体質エンジン始動て感じでわくわくします。やっぱフィアはこうでなくちゃ!

いらっしゃいませ。
主人公に必要な「トラブル体質」をおおいに備えているフィアですが、そういえばこのところトラブルというほどのトラブルはなかったような気がしますね。今回のお話はなんとなく全体が見えてきたので、このへんからはまっすぐ進んでいきたいです。前半、ぼんやりしていてすみませんでした。(泣笑)

>雲の上過ぎて存在忘れそうです(涙)!!

近いうちに出てく・・・る予定です!! ハイ!!


ちょいとヴィクターさん、フィアをこのままほっとくおつもりですか。惚れてんのなら不安解消せんかいっ!!

いらっしゃいませ。
フィア放置度合いが激しくて、非難ごうごうのヴィクターです。いつも非難の的のような気がしなくもない今日このごろ。あ、あれ、そんなに悪いことばっかり書いたっけ。・・・書いたな!!(胸に手を当てたら矢が刺さっていた私)

また吐血周期でしょうか。やばいな。


番外編まで読んでます。宿にいた2人の関係って「どこまで」いっちゃったのでしょうかー!

いらっしゃいませ!
それはご想像にお任せします、としか言えない・・・!!
なんであんなもの書いちゃったんでしょう。でも、あれを書いているときはすごく楽しかったという記憶は鮮明に残っています。(なんでだ?? まあアラリス視点というのが自分的に新鮮で・・・!)


デュリは底が知れないですね…どこまで知ってるのやら恐ろしくなります。フィアがんばれ!

いらっしゃいませ。
デュリは、メモ帳の切れ端に「神童だった」と書いてあります。子供のころは学問でも詩作でもなんでもできたらしい。なんでもできすぎて頭がちょっといかれ気味になったらしい。そんなキャラのようです。

いろいろと裏設定があるのですが、後半、明らかになるという感じでしょうか。そこまで早く書きたいですね。


1の最終回で満足して久しぶりに読み返したくなりましたら2(続き)が!嬉しかったです!応援してます

いらっしゃいませ。
再び足を運んでくださってありがとうございます。^^
「1」は「1」でたぶん一区切りであり、終わっている作品だとは思うのですが、もっと長くしたいという欲望に逆らいきれず「2」を書いてしまいました。(笑) やっぱりファンタジー(?)は長いほうがいいなと思って。

とはいえ見切り発車してしまったので、うまくいっていないところも多々あると思いますが、こちらはこちらである意味「別物」としてお楽しみいただけたらなあと。2もこれから佳境に入って、もう少し手に汗握るお話になると良いのですが。
応援ありがとうございます^^


一気に読みました!! フィアが死んでしまう……というのは、読んでてドキっとしてしまいました。

いらっしゃいませ。
2009年もしょっぱなから一気読みしてくださる猛者がいらっしゃって、感激しました。自分ではあちこち「出来が悪いなあ」と残念に思う部分が多いのですが、少しずつクオリティをあげていって、いつかは思うようなものを書きたいと思っています。拙い作品ですが、楽しんでくださって嬉しいです。ありがとうございます。


デュリがとっても気になります。いったい何をたくらんでいるのやら……続きが楽しみです!

いらっしゃいませ。
デュリは、長期にわたって出てくるキャラクターのような気がします。それにしても何を企んでいるのでしょうか。私も、書いてみるまで分からないようなところがあるので、ドキドキものです。相変わらず綱渡りで頑張ってます。(なんでプロットが作れないんだ・・・。くっ・・・)



それでは、感想送ってくださってありがとうございました!
牢獄編、ガーラントが暇そうにしてるのでちょっと面会に行って来ます。
2009 / 01 / 18. Posted in 感想レス [編集]

一行感想レス

気がつけば一月も終わりつつあるという・・・。
餅も食卓にのぼらない! 好きなのに・・・


個人的にレヴィンが気に入っています。もっと出てきてほしいですね。

いらっしゃいませ。感想ありがとうございます^^
レヴィンは中盤以降に出番があると思います。といってもしばらく先なので・・・! そういえば今年は新年のおまけ小説を書いてないので、一月のうちに書けたらいいなあと思うのですが。なんかパッと閃かないと書けないんです、アレ。(笑)


フィアのようなタイプは非常に嫌いですし見ていて絞め殺したくなります しかし同時に彼女だからこその強さに牽かれます。ヴィクターの気持ちに激しく共感できました(笑)

いらっしゃいませ!
フィア、絞め殺したいという方、作中のキャラクター含めて多数いらっしゃいます。(笑) 前にも書いたかもしれませんが、わりとしっかり者の女の子を主役にすることが多かったんですよね。だからフィアみたいなタイプは、最初はすごく書きにくい部分がありました。でも書いていくうちに、フィアがいないと寂しいな、と思ってしまう自分がおります。ハイ。すっかり彼女のペース??

>うまくキャラの味を生かして読者を引き込むその技量に感服しています

実は、キャラを立てるの苦手なんですよ。以前は名前もつけないまま一巻が終わるとか、ザラでした。でもそれじゃまずいなと思って、最近は積極的にキャラと会話するようにしています。そうすると思いがけないことを話し始めるので、それがちょっと面白かったりも。


あ、投稿フォームがこんなところに。(先日ボタン押したら「NotFound」に飛ばされたのです~)

いらっしゃいませ^^
ブログに書き込みいただいた方ですね。無事、書き込みできたようで良かったです☆

カタリナについては、別ページで裏話を掲載しようかなと思います。カタリナに注目していただくなんて、ちょっと珍しいなと思ったもので。(改訂前の版ではそれなりに登場していたキャラだったんですよ!)
「2」も楽しんでいただけて嬉しいです^^ 感想ありがとうございました。


4話も更新お疲れさまです!ほくほく読ませていただきました。・・・あえて叫びます。ガーラントーー!!!

いらっしゃいませ♪
叫んでいただいてありがとうございます!笑。
というか、なぜいきなりガーラントが出てきたのか全然分からないんですよ。直前までそんな予定はなくて、フィアのラブロマンス(なぜ監獄でラブロマンスが、というツッコミは置いといて・・・)が進行するはずだったんです。でも気がついたら、横から滑り込んできてました。本当に、あれはなんでなんだろう。謎です・・・。



では今日はこのあたりで♪
皆さま、いつも感想ありがとうございます^^ 心の栄養剤です。

(ランキングのほうも応援くださってありがとうございます! 上位はなかなか遠いですが、地道に続けていこうと思います。こんなに長い話を読んでいただけるだけで、そもそも奇跡のような気がするのだが・・・!)
2009 / 01 / 22. Posted in 感想レス [編集]
カテゴリ

openclose

タイトルリスト#
◆Date:2009年01月
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。