スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / --. Posted in スポンサー広告 [編集]

メール感想レス@今年もキャンプ行けない人

気がついたらもう七月ですよ!
小説を書いていると、びっくりするくらい早く時間が過ぎてしまいます。どういうことなんだろう・・・。三行くらいしか書いてないのに、一時間経ってるときとかあるのです。さすがにそれだと困るので、最近また「殴り書き!」みたいに進めています。orz...

殴り書きはどうか・・・と思うのですが、「1」のときを思い返すと、調子のいいところはそんな感じで進めていたような気がします。ただ、この方法だと、誤字脱字とか多くなって、それがちょっと問題です。あと、脇役のキャラ性を半分忘れてたりとかね。orz...


05/27にメールくださった菜梨さま


感想ありがとうございます^^
すっかりお返事が遅くなってしまいました。もうお忘れかもしれませんが・・・!
はまっていると言ってくださってとても嬉しいです♪

>「2」でフィアのノイエ家での花嫁修業は開始されるのでしょうか・・・?

ここだけの話、花嫁修業の話だったはずなんですよ。「2」って・・・。
それが、なんでこんなことになったのか。(涙) 本当なら今ごろ、ノイエの家で花嫁修業しつつ、ラディウス家の客人たちとひと悶着ある、というお話になっていたはずなのです。「2」の序章を見ると、明らかにそれを想定して書いていたはずなのですが・・・。

特にここから後半、混迷を極めるような気がします。ある意味、「2」は予想外の問題作になってしまいました。もうどうしようもないので、このまま突っ走りますね。(涙)

>デュリも将来の妹の為にがんばれーっ
>彼には死相を感じないので

鋭い!(笑) 今のところ死ぬ予定はないです。
ただ、エドアルドも、当初は死なせずにいようと思っていました・・・・・
そしてシグワスは、どこかで殺そうと思っていました・・・・・

>気持ちの描写が好きです。陛下のも一度じっくり読みたいです。

そう言っていただけると、嬉しいですね^^
心理描写は、好きな人もいるし、嫌いな人もいると思うので、時々「ほどほどに」と思うのですが、書いているうちにすごく密度が上がったりするときがあります。楽しんで読んでくださっている方がおられると思うと、本当にありがたい・・・。

某陛下は、一度だけ一人称で書き始めたことがあるのですが、まとまったものになりませんでした。(笑) ・・・あ、でも、手元にある分で、久々に独白してますね。でも、内容がちょっとアレなので、そのまま公開できるかどうかは不明です。

>いつかパロディとかも読んでみたいですー
>現代版とか。モチロン本編の続きを一番楽しみにしています!

ありがとうございます。
パロディ、書きたいですねー。ちなみにここのおまけコーナーにちょっとあります。(笑) また何かの機会に、ちょっとした遊びの話を書きたいですね。読んでくださってる方が書いたらどんなのになるのか、一度見てみたい誘惑にかられますが・・・。(誰も書かないか・笑)

それでは、メールありがとうございました!
今、メールいただいたときよりだいぶお話が進んでいます。少しは、フィアとヴィクターの関係も進展したかもしれません。まだまだ先がありますので、楽しみにしていただけたら嬉しいです。



06/03日にメールくださったはるかさま


メールありがとうございました!

>読み流すなんてとんでもないですー。

頂いたときにこれを読んで、実はぐっときてました。(笑)
ちょうど、トップページに「読み流してください」と書いたときでしたね。
こんな込み入っちゃって、誰も読まないんじゃ・・・と危惧してました。(本当)

>PS。カタリナが想像以上にいい人すぎてビックリ(笑)

そーなんです! カタリナ、気づいたらいい人になっちゃってました。
初版で死んで、最新版で生き返り、普通に生きているという、異色のキャラでしたが。
死ぬべきでないキャラクターが死んだと思うと、すごく気になってしまうんですよね。後で。「死なせなくてよかった」とか。前はバタバタ殺していたのですが、今になってみると、そういうことはできないな、と思ったりします。

償いのために、たぶん、カタリナが良い人になったのだと思います。(笑)
本当は聖ドロテア編では、フィアが来たばかりのときに、なんだかんだと痛い目にあう・・・というお話を入れたかったのですが、ちょっと入れられず、それだけが心残り。そのうち挟み込むかもしれません。アラリスの外伝的な感じで。

それでは、メールありがとうございました^^


ムカゴの情報をくださった濱さま


>既にご存知かもしれませんが、ムカゴは長芋の子どもです。
>栄養もあるし、美味しいですよん♪(b´∀`)b

いただいた情報で謎がとけました! ありがとう~^^
長芋の炊き込みご飯って、ちょっと変わってておいしそう。収穫できたら食べてみるかー。



ではでは、暑い季節ですが、皆さま、水分はじゅうぶん取ってくださいませ。
本編はどんどん? 進んでます。また近いうちにアップできればと。
スポンサーサイト
2009 / 07 / 12. Posted in 感想レス [編集]

一行感想レス

七月も半ばとなりました。
できることなら「軽井沢で避暑ですわ。オホホ!」と優雅にいきたいところですが、現実はうちわと扇風機で乗り切る過酷な日本の夏です。「どう考えても暑い!!」。妹の部屋に行くとエアコンがあるので、「除湿」で束の間のオアシスを楽しむのが、この夏の楽しみになるでしょう。(天気予報風に)


それでは、本編にはだいぶ遅れておりますが、感想レスです。
本当に、いつもありがとうございます!


3日かけて読みました。2に入ってからのヴィクターがかわいくて仕方ありません


いらっしゃいませ^^ 感想ありがとうございます。
三日もかけて読んでくださったとは・・・。感無量です。(涙)
ヴィクターはたまに「苦労人」と感想をいただくキャラなのですが、確かに苦労が耐えないかも、と思います・・・。でも色々なものをどっさり背負って、非難ごうごう浴びながら前に進んで欲しいキャラなので、精神力を鍛えて頑張ってもらいたいところです。
まだ波乱は続きますが、気長に見守ってくだされば嬉しいです。^^


更新待ってました!毎度、フィアの純粋さが捻くれた男達に与える力って凄いなぁって思います^^デュリの「国王は残酷な男だ」って考え方には激しく同意(笑)。次回更新も楽しみにしていますvv


ありがとうございます。更新のたびにどなたかに書き込みをいただき、感謝にたえません。何もお返しできるものがないので、せめて更新だけは! と、どんどこ前に進んでいます。
デュリとノイエは、あまり兄弟らしい感じがしなかったのですが、書いているうちに「やっぱり兄弟か」と思うようになりました。不思議なものです。前国王の最初の妃がラディウス家出身ということもあり、いろいろ業もありつつ、今回はフィアを無事に王妃にすることができるのか、兄弟には頑張ってもらいたいところです。・・・よね!


あれ? ヴィクターの影が最近薄い……


はわわ・・・。後半、けっこう出番があるので大丈夫ですよー!
・・・って、これを書いている時点で、すでに再登場を果たしてますね。(笑) なんだか微妙な時差があってすみません。次の更新分あたりでも、また登場する予定です。手元にはありますが、内容は公開してからのお楽しみということで、ここでは伏せておきます。^^


あー…デュリがなんか可哀想xx フィア助けてあげて~と祈りつつ、更新楽しみにしております^^


どうも、ラディウス家の兄弟は、ちょっと変わった性格をしているようです。それをレヴィンが語ってくれるシーンがあったのですが、ボツになってしまったので、ここにちょこっと公開しておきます。(この下にコピペするにはちょっと長かったので、別記事にしてみました)

ノイエとレヴィンの会話 (「大教会の奇跡」ボツの一部)


フィアがその気になってきた!?嬉しいけど、王と修道女という禁断の関係も続いて欲しいとジレンマです笑


王と修道女という組み合わせ、私も好きです。(笑)
なんか、ストイックなんですよね。でも某王様はそこに納得できなかったらしく、あの手この手で包囲網を敷いてます。ノイエいわく「狙ったものを逃したことのない狩人」が、方向音痴のウサギを追い回している姿は少々えげつないものがありますが、どちらが勝つかは今のところ不明です。ウサギも、なかなか逃げ足がすばやいので。


フィア爆弾発言ですね。次回他の修道女達とのやりとりが楽しみです。

ぶはぁ!!フィア正直すぎるってば。みんなアゴもはずれるわ(笑)

うわっ言っちゃったよこの子ったら!まさかの結婚発言に私も噴出しました。水とか飲んでたら危なかったです

ガ―(゜д゜)―ンッ


同じ回のコメントを拝見していて、最後に「ガーン」で顎が外れているのを目の当たりにし、思わず笑いました。(笑) 皆さんお茶目すぎるっ。それにしても、あの回のフィアの「結婚できない!」の台詞には、「一応、結婚する気はあるんだな・・・」と、妙に納得してしまった私です。

しかし、“結婚”についてどれだけ知識があるのか、疑問ではあります・・・ね。


9.10読みました。おかしすぎた!フィアってなんでこんなに可愛いの~!

本当にフィアはおバカで可愛いですね!周囲の人達が心配するのも最もだと思います。

早くヴィクターとフィアの会話がみたいです!!


この回、還俗に加え、持参金の問題も出てきて、フィアの思考回路はパンクしてしまったようでした。周囲の人々にも、読んでくださる方々にも、いろんな意味で「大丈夫か・・・」と心配された回だったかもしれません。

現在、「大教会の奇跡」編も佳境に入っています。以前にも書いたかもしれませんが、フィアにとっての修道院編はそこで終わりとなります。その後のことはネタバレるのでなかなか書けませんが、楽しみにしてくださったら嬉しいかぎりです。
(二人の会話も登場します。)


2日かけて一気読みしました。本当に面白いです!パソコンの前から離れられませんでした…!大好きです!


いらっしゃいませ^^
一気読み報告、ありがとうございます。
振り返ると、ずいぶん散漫に書いてしまったなあと反省しきりなのですが、そう言っていただけてほっとします。まだまだ未熟で、満足のいくものは作れていないのですが、少しずつ自分の目指すお話に近づけていけたらなあ・・・と思っています。
あまりにも「ふわーっ」としているところは、後日手を入れようと思っていますが・・・。とりあえず「2」完結が先ですね。後半も山あり谷ありの展開になることと思いますが、気長にお付き合いいただけると嬉しいです。^^


それにしても周りの人はちょっと酷すぎる。フィアもヴィクターも散々な言われよう(笑


書き込みありがとうございます。
本当に、あの回はずいぶんな言われようでした。(笑) 冗談で言っていたらしいカタリナはともかく、本気のエミリアは始末におえません。エミリア、どうしてこんなに問題児になってしまったんでしょう。ただの脇役の一人だったのに・・・。災厄度が飛躍的に上がってしまいました。
フィアとエミリアは、願わくば別々のところで生きていってもらいたいものです。(切実)


次回、国王が釣れたり、騎士が入れ食い状態になったら阿鼻叫喚図が展開されそうですね^^ 楽しみです!


そのあたり、次の更新分で明らかになるかと思います。お待たせしています・・・!
今回は国王一行が通り過ぎてしまっていて、その場では釣れなかったのですが、そうなっていたら楽しげな感じになったでしょうね。(楽しげな感じ=地獄絵図) 今回の章が終わるまでもう少しですが、最終的にどうなるのか、彼らと一緒に見届けてくださったら嬉しいです。



それでは、長くなったのでいったん区切ります。また後ほど。ノシ
2009 / 07 / 16. Posted in 感想レス [編集]

メール感想レス@長梅雨ですね...

今年の梅雨はなんだかものすごく長くて、七月も終わりだというのに、いっこうに夏が来たという感じがしませんね。こんなジメジメしたまま八月に突入するなんて・・・。海や山に行こうと思っていたのに、天候が思わしくなく、外に出ることなく休日が過ぎていきます。

今年は短めの夏になるのでしょうか。レジャーに行く機会は少なそうです。
自宅でワイワイ花火・・・というのも、こういう夏には良いかもしれませんが。
とりあえず私は、バイトだけかな・・・。(遠い目)

さてさて、それではメールレスです。
「返信不要」でメールくださった方々も、ありがとうございました。^^ なかなか時間がないときには、お言葉に甘えて読ませていただくだけに留めています。今回は風呂待ち時間のあいだに、一言レスをお返しさせていただきました。


06/20にメールくださった しいなさま


ブログ小話に感想くださってありがとうございます。
絵師の絵も、楽しんでいただけたようで何よりです。二次的絵、もしよかったらどんどん描いてやってください♪ いろんなふうに楽しんでいただけたら、それに勝る喜びはありません。
(絵師の枢機卿は悪者っぽいですよね! 笑)


06/22にメールくださった明鐘さま


>これからフィアがどうなってしまうのか、激しく気になります。
>“善良な”修道女たちが起こす奇跡ですし、善いことだと良いのですが…。

メールありがとうございます。
あわわ、そこのところからもうひと月経っていたのですね! 今になってようやく「大教会の奇跡」編が終わりましたが、今現在掲載しているお話が、奇跡の顛末となっています。賛否両論・・・の予感。(夏なのに心に寒風)

裏話的な話になりますが、フィアのおばさんの話は、どこかで入れようと思っていました。旧版の頃からです。でも、結局まともに入れられず、「1」のカレフ編にちょっぴり出てきたくらいでした。ともあれおばさん抜きにしては、フィアの物語は完結しないと思い、今回思いきってご登場願いました。

といっても、シスター・エミリアの怪しい「召還術」がなければ、私も、おばさんを話に連れて来れなかったと思いますが・・・。シスター・エミリア、恐ろしい女です。もしかして、どこかの組織の凄腕工作員かもしれません。

フィアとおばさんの話がどんなものになるかは、続きをお待ちいただければ・・・と思います。^^



06/28にメールくださったななしさま


返信不要でメールいただきました。ありがとうございます。
「キシオト」から「鐘」に進まれるお客さまは珍しいです。たぶん九割以上の方がキシオトオンリーだと思うので。でも、鐘もやっぱり、私にとって大事な作品だなと再確認したり。じーんと胸に染みるあたたかいお言葉、ありがとうございました。



07/02にメールくださったkitaさま


>頼りになる~って、頼りにしていいんですよね?ね?フィアちゃんの幸せの為に!

メールありがとう!

N氏はですね、着々と自分の仕事をしているのですが、フィアのほうがその・・・。
でも、最終的にはそれぞれがそれぞれの仕事をしてもらいたいと思ってます。
誰がどんな仕事をするのか、今のところ私にも不明な点が多いですが・・・!



07/15にメールくださったゆうさま


>はじめまして。「鐘」を読みました。

今回、鐘の感想が多くて「珍しい!」と思いました。音楽モノなので、読む人を選ぶ作品と思うのですが、鐘の感想はこちらも真剣に読み込んでしまうようなものをいただくことが多い気がします。

>ラフマニノフは最近流行っていて耳にする機会がありましたが、こちらの解釈は
>興味深く、改めて曲を聴いてみたくなりました。

辻井さんが弾いておられましたね。
私はラフマニノフの音楽がとても好きです。この人の音楽に救われたことがあります。そういう体験を滅多にできるものではないので、どうしても忘れたくなくて、何かに書きつけておきたくて「鐘」を書きました。直したいところもたくさんあるのですが、手をつけずにおいているのは、そのときの気持ちを忘れたくないからかな、と思います。

>社会人になった今でも、時々、理想と現実の差に落ち込んだり、疲れたり、そん
>なとき絶望の中に「美しいもの」を見て立ち直ったり、そんな繰り返しでなんと
>か日々をやり過ごしたり。

とっても分かる気が・・・。
人間って・・・不器用ですよね。
でも、そんな不器用な人間が、最近好きだなって思います。自分も、他人も含めて。

>他の作品もこれから読んでみようと思います。

あっ・・・、えっと、そっちは・・・・・!!!

なんか激しく路線ちがいますが、いいですか?
あ、だめだったら引き返してきてくださいね。(笑)




それでは、とりあえず今日はここまで。
蒸し暑い日々が長く続いています。みなさま、ご自愛のほど。
2009 / 07 / 27. Posted in 感想レス [編集]

一行感想レス

そろそろ花火大会のシーズンですね~。
たまには浴衣でも着て、うちわ片手に涼しげに出かけたい。
と思って、はや?年です。(思うことほど実行出来ないのって、なんでなんだろう・・・)
だって川原とか出たら蚊にかまれるじゃんか!!(←出なくても家でかまれる)



・・・さて、恒例の!

またも本編と時差が生じております。すみませぬ。
このあたりでいただいたレスは、大教会の奇跡編の前半部でしたね。今は一応章が終わって、それなりの決着がついているのですが、今のお話をご覧の皆さまには、もう何を言っていいものか・・・。どうにも「後の祭り」感がいなめませんが、四苦八苦しながら書いてみようと思います。

ふっ・・・最近ハードル上がってきたな



なんだか面白そうな展開になってきましたね。ヴィクター久々に登場?

いらっしゃいませ♪
登場しました。でも、なんか最初に予定してたのと違うような・・・。
最初はもっと、こう・・・。熱い抱擁→キスみたいな。皆さんが期待してくださってた感じで予定してたんですよ。ほんとです。でも、誰も見てないとこではするけど、見てるとしないみたいです。本人のこだわりでしょうね。


わぁーなんかとっても楽しみな展開です。更新楽しみに待ってます!!!

修道女sは一体何をするのか…っ!?(笑)めさくさ楽しみに更新待ってますv

次回も楽しみにしてます

更新待ってました!一体どんな奇跡が…!

コメントありがとうございます^^
でも、その皆さまのご期待が、今どうなっているのかと思うと・・・。うーん冷夏だ。

それにしても大教会の奇跡編、思ってもみなかった速さで感想が書き込まれてまして、「1」のエンディングのときの記録(数えてないから自分の体感だけど)を抜いたような気が。って、今チラッと数えたら、7ページもあるよっ!(あれ4ページくらいだと思ったら・・・!)
はわわ・・・
よ、よーし今から追い上げて・・・!! (何をダヨ)


なんだかこわいよぉ・・その奇跡はフィアにとってもちろん吉な方向に転換するものですよね?!!!

「こわい」の予感が当たったかもしれません。悪い予感にかぎってね、当たるんだ・・・。(?)
でも、七転び八起きの精神の持ち主であるフィアは、頑張って乗り越えてくれるのではないかと考えています。「災い転じて福となす」みたいな・・・ね。(←もう何いってるのか自分でもよく分からない状態)


誰にも予想不可能なミラクルが~!!??不穏(笑)どんな惨事もフィアが絡むとコミカル調なのが救い^^

ときどきコメディの精神を忘れては、またハッと思い出すという具合です。人間って、意外に学習能力がない・・・。(私だけかな・・・) でも、後半部はシリアスもありつつ、コメディも織り交ぜていけたらいいなあと思っているのですが。


うわーどんな奇跡なんでしょうか!?続き楽しみに待ってます。

今回の結末は、アリかナシかでいったらどっちなんだろう。
「ナシ」っていう方のほうが圧倒的に多い気が、なんとなくしました。今・・・。
ごめんネ、せっかく楽しみにしてくれたのにまた不穏な感じになっちゃって・・・。
でも意外な展開もあるんです! よ、予定では・・・。


えーっっ?!どんな奇跡が??とにかくフィアにとっていい方向にいきますようにーーっっ!!!

皆さまがこんなに「いい方向」を願ってくださるなんて、フィアは幸せ者だ・・・。
なんとか幸せを掴んでもらいたいなと思います。・・・・・自力で!!

一体何が起きるのか楽しみです!

何かとんでもない感じになってしまいました。
一応、最初の予定通りなんですけど・・・ネ。


大聖堂の奇跡…というより大聖堂の呪いみたいな神様の執念を感じます(笑)フィアに至っては。がんばれシスターズ!

このたび、シスターズが、世間に大変ご迷惑をおかけし・・・。(泣笑)
「大聖堂の呪い」って、それはそれで、次に使えそうなタイトルですね。(何)
何かのときに「呪い」ってつけてみたい。・・・って、普通に毎回、誰か呪われてる気もした。昇天Eさんや昇天Gさん、行方不明Sさんに呪われたR兄弟Sなど・・・。なんてこったい・・・。


最新話のタイトルに思わず噴き出し、奇声を上げてしまいました。これは期待していいんでしょうか!? いい人たちなんですが、どこかズレている修道女たちがなんとも。S&Kの脇役陣は本当に味わい深いです。

タイトルで楽しんでいただけるとは、嬉しいなあ。もちろん「大教会の奇跡その1」は、「1」のエンディングでした。でも二度目の奇跡は、どうも、フィアにとってあまりよくない結果に終わったようです。シスター・エミリアの陰謀おそるべしです。


すみません、K&Sの間違いでしたァ!

ノー・プロブレムですよ!
でも今回の章は「S&K」(トンデモ修道女と振り回される騎士たち)でしたね。


一瞬ノイエの活躍を期待してしまったんですが、そういえばノイエは今いない!lili orz llil その分王様頑張れ(笑

修道院はE公爵家からR公爵家へとバトンタッチされる模様。ノイエ理事長の時代が来ます。
そのうち修道服のデザインとかかわいくなってたりしてね。
王様は頑張ってる模様ですが、なんとなく危ない感じがします。


新作ありがとうございます!・・・フィアの人生はどうなるんでしょう?奇跡ってなんだか不安w神様頼むよ!

フィアちゃん、これから不幸になるんですか?そんな意味深な未来の予言なんて・・・怖くて読めないです~

何が起こるのでしょう…!めちゃくちゃ楽しみっス!!!

フィアの人生がどうなるのか、私にもわからないのです・・・。
「2」は花嫁修業だったはずなんだけどなー。それだけでも一巻分か二巻分くらいは書けるのに。全然そこまで行きません。修道院編の前半部が、思ったよりもねむたい感じでした。でも前半部のできごとが、後半に影響を及ぼしている部分も少なくないので、あれはあれで・・・。

でも暇があったらちょっと手入れたい。
フィアの孤児院奮闘記だけでも、やっぱり一巻分くらい書ける。とばしたけど・・・。

続きにワクドキです・・・!フィアちゃん幸せになって~

続きが気になって眠れないよーー。フィアはどうなっちゃうんでしょう?

続きを楽しみにしてくださって、本当にありがとうございます。
折り返しの後半部(大教会の奇跡編以降)は、七月よりスローペースの更新になるかもしれませんが、ちまちま書き進めていきたいと思っています。いろいろ考えてることや、書きたいシーンなんかもできているんだけど、ここで書くと先を読まれすぎて自分が困る羽目になるので控えます。(笑)



それでは、長くなったのでいったんCM。
スタジオにお返しします。(ねーよスタジオ)
2009 / 07 / 29. Posted in 感想レス [編集]

一行感想レス@スタジオから

はいスタジオです。
六歳年下の妹とビスケットを取り合い、その結果落として、母に大目玉をくらいました。
子供の頃の話ではなく、今日の出来事です。なんだか切ないです。

それではレス・ステーション22時をお届けします。



やばい、ノイエがカッコいい・・・・・・。

いらっしゃいませ。
ノイエは女子修道院を私物化する夢を着々と実現ちゅ・・・いえ、社会慈善事業に寄付金を払うのは、ノブレス・オブリージュです。高貴なる貴族の義務です。しかもデュリを探しに来たので、フィアの騒動はまったく知らなかった模様。しかも、ヴィクターに会うより前にレヴィンに会っているという謎の行動。・・・なんで?

後半はノイエとレヴィンに注目、かもしれません。またケンカしそう・・・。


えぇえ、何か企んでるようにしか聞こえないですノイエさん!

ノイエは女子修道院を私物化する夢を着々と実現ちゅ・・・やめます。

まあ、ノイエにとっては修道院を引き取るメリットはないのですが、乗りかかった船という感じでしょうか。今思ったのですが「大船に乗ったつもりで」って、小船の人はどうしたらいいんでしょうね。そんなどうでもいいことが気になる年頃です。


出たっ、メルヴィン!いつもながら、ヴィクター側近の騎士たち、最高に笑える。大好きです!

ウルヴァキア王国の騎士たちは、なんかちょっと変ですね・・・。前からこうだったのか、最近こうなったのか。

メルヴィンは、もともとは番外編「王子と騎士」に登場したキャラで、このときはベリスも出てたんですが、とても真面目な騎士でした。真面目な・・・騎士だったのに・・・。まあ、いつかメルヴィンもかっこよく活躍してくれる日が来るかもしれません。素早く書類を書き上げたり、経費で飲み代を落としたりして・・・。


来ないだろうと思ったら来たよノイエ! そしてヴィクターその他! ダメだ面白いぃー

ノイエ、いきなり現れびっくりしました。来たんだね、ノイエ。

うはぁ!まさかのノイエ登場ですか。久しぶりで嬉しい~

かつて、ノイエの登場がこれほど喜ばれたことがあったでしょうか。いや、ない!(反語)

とはいえ、E公爵家が後見をおりた時点で、自分の中ではR公爵家が候補に上がっていたので、来てくれてヤレヤレといったところです。ノイエはここから大忙しなので、気力体力保って頑張ってもらいたいところです。


わーい!更新ありがとうございます!みんな総出ですね。くぅーー面白い展開になってきた!!!

それなのに今は・・・。天国と地獄のようです。(涙)

ノイエ~再登場ですね。公爵さまかぁ。王子様度がかなりUPしてて惚れ直しました

お父さんの公爵がたくさん爵位を持っているので、伯爵位をひとつ貰ったそうです。ゆくゆくは全部継ぐことになるのだと思いますが。公爵家は王家と格が近いので、王子様といえば王子様かもしれませんね。腹黒度の増した王子の活躍をお楽しみに。(腹黒度・・・?)


好きキャラ総出演でスペシャルな気分…!ノイエも登場したのに、奇跡!!??続き早く読みたいーーーッ

たくさんキャラを出したせいで混沌としましたが、楽しんでいただけたなら何よりです。
ここからまた波乱万丈の幕開けなので、新しい章のお届けを頑張りたいところ。
なんか今それしか言えない自分が・・・。(ううっ)


ノイエ素敵だなぁ…フィアとノイエ大好きです!

「1」でノイエとフィアがほのぼのと語り合うシーンが、自分的にはけっこう気に入っています。「2」は全体的にそんな感じにしようと思ったんだけどなー。まあ、まだどこかに入れる余地があると思うので。諦めずに様子をうかがってみたいです。


ノイエ~!!

このときは登場を喜んでいただいた(と思う)声だったのが、今はなんとなく、助けを求める悲鳴のように聞こえます・・・。なぜだろうね。(遠い目をしてみる)


「フィア」の名前でたくさん釣れましたね。大漁! 続きたのしみです!!

阿鼻叫喚とか大漁とか、皆さまのコメントの中の単語がときどきすごく頭に残ります。
いただいたコメントによって続きを変更する、ということはしないのですが、(ストーリーは決まっていないが、大まかな流れというか、キャラごとの運命的なものは頭にあるため) あー、そんな感じでできたらいいなーって思ったりしますね。

それにしてもマグロ釣ったと思ったらサメだったりね・・・。(※現状である)


ヴィクターの本名は何回聞いてもカッコイイと思ってしまう。ヴィクターピンチ!

今回、「剣が持てないって困るな~」と書いている人が思いました。ちょっと切実。
まだまだ戦いの人生なので、なんとか頑張ってもらいたいところです。


デュリはいい子だなぁ

ネタバレ的なお話。
デュリは、エドアルドが違う人生を歩いていたらこんなふうになったのではないか、というキャラかもしれません。そういう意図があって作ったわけではないのですが、ある日突然フィアが「エドアルドに似ている」と言い出したので、いろいろ考えさせられた結果、そんなことを思ってみたり。
もう少しお話を進めてみないと、本当の役割というか、デュリなりの運命みたいなものが見えてこないとは思うのですが。


ヴィクターのフィアへの思いに…想定外のブワッ(泣)

昔のボツ的稿では、隣国の王女と結婚したりするバージョンもあったのですが、読み返してみるとそのときからどうも心の中では思うことがあったらしいです。結局、フィアのほうはそうでもなかったんだけど、ヴィクターのほうが・・・。
フィアは予想以上に魔性の女の子でした。


下の方と同じく、最後のヴィクターのフィアへの想いに予想外にキュンとなりました!フィア愛されてるなぁ

同じく、ヴィクターの決意に感動したっ!!!

同じく、本気で生涯一緒になる気だ…!!と、びっくり感動して何度も読み返しました(笑)

フィアの事をこんなに真剣に考えてくれてたんですね!

私は皆さんのコメントにほろりと・・・。

いろいろと続きについて書きたいことはあるのですが、それもこれもレスブログではなく、本編のほうでお目にかけられたらと。本当にたくさんのコメントをいただき、改めて、もっと真剣にキャラクターや物語に向き合いたいなと思わされました。まだまだ書けていないものがたくさんあるので。

つたない作品でも支持していただき、口では言えない思いがたくさんあります。
感謝の気持ちは、行動で示したいと思う今日このごろです。
レスが激しく時差ぎみですが、掲示板でもメールでも、引き続き気軽にご意見・ご感想をお寄せいただければ何よりです。返信不要でもしっかり読ませていただいてます。ありがとうございます。
2009 / 07 / 29. Posted in 感想レス [編集]
カテゴリ

openclose

タイトルリスト#
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。