スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / --. Posted in スポンサー広告 [編集]

一行感想レス@春到来の予感1

三月中にレス書きすると言いながら、気がつけば4/1になってしまったのですが、
ま、まあ、ご愛嬌・・・!! (←ご愛嬌だと?・・・)

とりあえず、忙しかった三月もなんとか終わり、
四月からは少しばかり時間に余裕が出来るので、
このへんから気合を入れて進んでいきたいと思います。

では、(書き込んでくださった方も内容忘れるくらいの)亀レスですが・・・!
す、すみませぬ。(ボソ


ヴィクターがしっかり地盤固めをしていないせいだ!自分の人生まで変えようとしているフィアが泣くのは見ていられませんっ

いらっしゃいませ。
お言葉、まったくです。地盤を固めようと思えば固められたのでしょうが、それをしないというのがあの人の悪いところなのでしょぅね。(なんでしないんだ・・・? ほんとに) 自分の足元が揺らいだことがないのであまり分からないのかもしれません。その点、フィアは浮き草に乗っているような人生なので・・・。
なんとかうまく片付けて欲しいものです。


非常識な人がいるならば、他人に失礼のないよう、その家族が努力しなければなりません。おば一人正しく導けないフィアに王妃の座はまだまだ遠いですね…頑張れフィア!

いらっしゃいませ。
そうなんですよね~・・。王妃ともなると、やはり色々な人を相手にする場面も出てくるでしょうし。フィアは人づきあいが上手とはいえないので、その点私もおおいに不安です。(うぅ)お茶会とか催しても、大ヒンシュクで終わりそうな感じと言いますか・・・。そのへん、私もうーんと頭を悩ませるところなんですが、王様のほうにはまた別の見解があるかもしれず、そのあたり、新章をお待ちいただければと思います。四月から頑張って進めますね。


↓おばさんが……家族? フィアをポイ捨てして修道院に放り込んだ時点で俗世とともに家族の絆なんてぶち切れたに違いないんですよ。俗世に戻ったとはいえおばと縁を戻したのはフィアの能天気なやさしさゆえ。

こんにちは♪
確かにおばさんは家族なのか、家族でないのか・・・。難しい問題ですね。書いている時はそのキャラクターの心情に沿っているだけなので、あまり色々なことを考えないんですが、どうなんだろう。ただ、フィアはおばさんと一緒に暮らしたいと望んでいるようで、その気持ちが強すぎてむしろヴィクターのほうが捨てられる可能性も・・・。(何その展開・・・?)
いやいや! そんな悲劇になる前に解決してほしいものです。
「能天気なやさしさ」というお言葉が、なんとなく良い響きだなと思いました。どこかで使いたいな。


フィアには笑っていてほしいよ~!

こんにちは。書き込みありがとうございます。
皆さんに応援していただけて本当にありがたいなあと思います。
フィアが笑っていられるように、新章も知恵を絞って書きますね!


飛び出したフィア、この後どこへ!?デュリも気になる。「騎士と王様」も・・・。更新待ち遠しいです!

いろいろと書かないといけないものがたまってきました。
今年は全部片付けたいと思ってるんですが、うまくいくかどうか・・・。
とりあえず騎士と王様、先に進めないといけませんね。しばしお待ちを!


ヴィクターとノイエ、フィアが還俗した後の段取りをつけてあげればよかったのに…。いきなりレヴィンと直接対決なんて(泣)

いきなり修羅場でしたね・・・すみません。なんでああなったんだろう。
今回のお話の中では、前からやりたくてできなかったことを盛り込みたいと思っているんですが、いつ頃になるかなあ。いよいよ折り返しに突入しまして(モタついたけど)、後半部ではノイエやレヴィンももっと活躍する予定です。書くのが楽しみな部分なので、早く先に進みたい。


ん~そろそろ更新が待ち遠しいですね!

やっと「謁見」が片付きました。次からはだいぶ趣向が違うので、戸惑う方もいるかもしれないと思いつつ、開きなおって進んでいく予定です。サプライズキャラも登場しますので、お楽しみに^^(と言いながら、出てきたらまた大ヒンシュクなのであろうと思う)


そろそろヴィクターさんに逢いたい・・

新章からいきなり出てきます。
最近は出ずっぱり?ですが、たまに引っ込んだまま、何をしてるか分からなくなってしまう時がありますからね・・・。(ヴァレンヌ編の前半とか、ほとんど出てこなかった) 後半は出演率高いので心配はいりませんが。^^
・・・たぶんね?(←無意味な含みを持たせてみる)


100HITおまけ話の続き待ってます~^^王様と執務補佐官と伯爵の会話が面白いvvあの三人に振り回される善良なフィアが可哀相になってきます(笑

おまけ話、楽しんでいただけたなら何よりです。^^
あの中では、なぜかヴィクターの喋りが王様喋り?になっていて、そこが見所かなあと思います。(? 本編にはほとんど出てこないキャラクターであるフィア兄も出ていますが、本編にもそろそろ登場してきます。思ったよりも変なキャラになりそうでちょっと不安なんですけどね。


100万HITおまけ、読みました。いつもにも増して、ノイエが黒い・・・レヴィン作だからですか?フィアも普段の何割か増しでおバカだし。

ええ・・・いつのまにか、気づけば腹黒キャラですよ。ノイエときたら。

種明かししてしまうと、レヴィン作・・・ではないんですけどね。実は。(笑)
本編中にもほとんど出てこなかったキャラの作です。当てられる人はあまりいないと思います。レヴィンだったら、執務室でいったい何をしているのかと。まあ、あんな小話を書きながら、机を埋めるほどの書類の山も片付けているのだとしたら、有能・・・といえる・・・のかもしれないけど・・・。(?)

おまけ話も完結させますので、少しお待ちくださいね。
本編を進めながらということにしたいと思っています。ちょっとネタバレっぽくなるかもしれないので。
(微妙な時期にかかってしまったかも。中身ずらそうかな)


それでは、いったんこのへんで。
スポンサーサイト
2010 / 04 / 01. Posted in 感想レス [編集]

一行感想レス@春到来の予感2

日にちが変わってしまいましたが、レスの続きです。
この調子でさくさくと、本編も書き進めたいところ。



きたああああああ!!フィアはいつになったらヴィクターとあえるの?心細い気持ちが伝わってくる・・

いらっしゃいませ。
更新を楽しみにしていただけて嬉しいです。^^
このときにはなかなか会えずにもどかしかった二人ですが、なんとかおさまるところにおさまって・・・。とはいえ、大変なのはこれからかも? 続きの構想が少しずつ出来てきましたので、あまり日をおかず、お届けできたらいいなと思っています。

叔母にデュリにフィルデール、ついでに憲兵も、裏で口を合わせたかのような拒絶っぷり…さすがにフィアが可愛そうです…。

こんばんは。書き込みありがとうございます。
フィアは、普通に見たらただの町娘ですからね・・・。(町娘に見えたならまだマシなほう・・・) そんなので一人でウロウロしていたら、絶対に貴族の娘には見えないなと思ったり。そのうち垢抜けるのでしょうか? どうなるのか、続きをお待ちいただければ幸いです。

フィア踏んだり蹴ったりですね。誰かフィアを助けてやってください。

いらっしゃいませ。
レヴィンや騎士たちに冷たくされたフィアですが、最後の最後にきわどく拾ってもらえたようで、私もほっとしています!

なんだかなあ。「人として一番不幸なことは誰からも必要とされないことだ。」という言葉が実感できます。ヴィクター、後のフォローしっかり!。

書き込みありがとうございます。
もっと早くヴィクターを出すこともできたような気もするのですが、謁見日だったため・・・。(イベント日程に阻まれる)
最後のフォローはどうだったかなと思いながら、謁見全章、なんとか無事アップできました。

もう本当に勘弁してほしいですフィアかわいそうすぎる…ヴィクター早くーーー!!!!

間に合・・・いましたよね? たぶん!
間に合わなかったらものすごい株が下がっていたところでした・・・

何というか…、只々フィアの幸せを祈るばかりです。

祈りはバッチリ届きまして、やっと還俗→再会が叶いました。
とはいえ、悲惨なのはここからなんですとは、言えな・・・・・

ヴィクターにもノイエにも知らせずに突然還俗したのが運の尽きですけどねぇ…寝床のアテも無く、夜になっていくのが辛い・・

自分の向こう見ずが、招いた結果とはいえ、少々、不憫ですね。ふぃあには、いい薬になるといいですけど…。

こんばんは。
実は、フィアの還俗はもう少し違う形で予定していたんです。でも、書き進めるうちに、ああいう形になってしまったんですよね。本当はきちんと日にちを決めて、聖ドロテアのシスターたちに祝福されるなか、本人も納得しきって出発・・・という形にしたかったのですが、そういうふうにはなりませんでした。

そういうふうにならない、というのがこの物語にはやたら多いんですよね・・・。(※制御できてない)
フィアにっては、少々切ない門出でしたが、そこから幸せになってほしいなあと・・・。
こうなったら、誰かさんの努力・手腕に期待しましょう!(私はしている!!)

レヴィンの心配もわからないでもない・・・、けど、ヴィクターはフィアが重石にならないと
将来、市民革命(教会扇動)→ギロチン台・・・になりそうな気も。隙と無駄もないといかんと思います。
なのでこのままおバカ天然王妃フィアの誕生を楽しみにしています。頑張ってフィアー!!

いらっしゃいませ^^ 同じ方の書き込みであってますよね?
市民革命→ギロチン台 の不吉な未来にぎくりとしました。しかも教会扇動ってなんかリアルだ。(震) 「おバカ天然王妃」なんて、そんな王妃は何かあったら「→ギロチン台」な気がすごくしたのですが、たぶん気のせいでしょう・・・。(気のせいと言ってください!)

でも、そういう王妃が、のほほーんとしていられる国って、平和で良いですよね? 今になって、ヨーロッパの多くの国が王政でなくなってしまったのは、残念だなあと思ったりするんです。今さら復活するという話にもならないとは思いますが、かといって民主主義が最高のシステムかというと、そうでもなかった…という時代なんじゃないかと。今。「こういう政治システムなら誰もが幸せ」というのは、なかなか見つからないものです。
某王様にはちゃんと政治をしてもらいたいものですが・・・大丈夫だろうか。(・・・)

何故でしょう?フィアより、叔母さんのほうが、まともなこと、言ってる気がするんですけど…。

いらっしゃいませ。
本当は、やはりフィアのような子が王妃になるということに無理があるだろうと思うので、それを疑わしく思うおばさんはまともな神経の持ち主といえるでしょうね。やってることがちょっと変則的なので、プラスマイナスでゼロという感じもしますが・・・。

それにしてもいきなり登場したハンナおばさんですが、少しずつ、最初の予定通りのキャラになってくれてます。お話を引っ掻き回してくれています。・・・しまった、そんな予定を立てるんじゃなかった! と今さら後悔しても遅いですね。ハイ。(涙)

フィアが怒られるのは楽しいけど、傷つくとこ見るのは辛いです。あ~家に連れ帰って慰めたい!!

その優しさに私がホロリ・・・
どうか慰めてやってください。喜んでついてくると思います!
・・・と言いつつ、今ヴィクターと一緒にいるので、ひっぺがしても離れないかもね・・・。(なんとなく無念)

前回更新から2週間ですね。そろそろ、フィアとヴィクターを出会わせてほしいです。

ときどきこういった書き込みをいただけて、「二週間か!」などと思い出せるので、非常にありがたいです。
自分でちゃんと間隔をはかれるようになりたいのですが、ご存知の通り、どうもうまくいっていません。ごめんね。でもとりあえず、次は新章というところまできました。四月は三月より更新したいなと思ってます。期待六割くらいでお待ちいただければ・・・!


というわけで、今回はこのへんで。
レスはいったん中断して、本編を一話書いてきます。
2010 / 04 / 02. Posted in 感想レス [編集]
カテゴリ

openclose

タイトルリスト#
◆Date:2010年04月
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。