スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / --. Posted in スポンサー広告 [編集]

一行感想レス@2011年

こんばんは。
寒いですが、皆さん風邪など引いておられませんか?

今年は本当にすごい雪です。
でも、子供の頃はこれくらい降っていたよなーと懐かしい気持ちになりました。
かまくらを作って遊んだり、つららを落として遊んだりしていましたね。今思うと危ない・・・。

ではでは、今年最初のレス書きです。



うわあああ・・・ちょっと言葉が出てこないです・・・。ヴィクターは果たして代償を払うことになるのか・・・代償というのか神の娘を奪う罰というのか、そもそもフィアと出会うきっかけとなった出来事もある訳で・・・罪深いんでしょうか、彼は。うーん、深読みしすぎですかね。


いらっしゃいませ。感想ありがとうございます。
「1」である程度の解決を見たはずが、「結婚」ということになると、どうしてもそこのところが立ち塞がってきた感じです。これをおしまいまでしっかり書いてしまうことが、今一番大事なことかなあと思っています。いろいろと深読みしていただけるのは嬉しいです! 続きも頑張りますね。

デュリとノイエ兄弟が意外と仲がよさそうに見えて驚いた。そしてお兄さん! ノイエがひたすら言い負かされてますね。なんだかちょっとすっきり。


こんばんは。いらっしゃいませ。
「2」では、兄弟関係がけっこうたくさん出てきます。平和的な兄弟から、いろいろと問題のある兄弟まで・・・。デュリ・ノイエ兄弟は一緒にいるシーンがなかなか書けなかったので、少しでも出せてよかったです。子供の頃のエピソードもあるので、外伝で書けたら良かったんですが。本編終わるまでなかなか手が出せません;

あああああああ、早くヴィクター迎えに来てよー。そろそろヴィクター視点で読みたい。


チラチラと出てきてるかな?
遠征先のシーンも増えるので、またヴィクターと騎士たちのやり取りが登場する予定です。そのほかにもたくさん登場すると思いますので、もう少しお待ちくださいませ☆

「ごうつくばり」と「くそばばあ!」の台詞にスッキリしました…!今まで誰もはっきりと指摘しなかったけど、一度は言われたほうがいいと思ってました。でもルーデックとのやり取りはなんとなく微笑ましいですね。


ルーデックはいいたいことをポンポン言うタイプです。あとフィアと年が近いので、やり取りも気楽な感じです。比較的書きやすいキャラクターですね。ちなみにルーデック自身がなかなか王都に帰りたがらないのは、最初から予定していたことではなく、彼自身の希望です。(!

神も祝福されるってことになればいいなぁ~。


そうなるといいですね。
中世の時代、「修道女は神(orキリスト)と結婚した」なんていう言われ方もしていました。結婚した状態で修道院に入る人はいませんしね。でも、中世の時代は「どうにも食えなくなったら修道院に駆け込めばいい」というのがあったけれど、今の時代はどうなんでしょう。そういう「最後の砦」みたいな場所って、なくなってしまいましたね。
なんてことを真面目に考えてみたり。

この作品の「神」はキリスト教の神に近いですが、聖母も神と同列になっています。(本当は、そういう考え方は異端です) フィアは神(お父さん)と聖母(お母さん)の許しがないとヴィクターと結婚できない、みたいなことになっているのかもしれません。ハードルが高すぎる!?

ヴィクターは結婚相手の両親に挨拶に行くタイプには見えませんしね・・・
あ、国王だから挨拶に行かなくていいのか・・・。チッ。



また近いうちに続きをアップしたいです。ハードな展開になりそうですが、お楽しみに!
スポンサーサイト
2011 / 01 / 22. Posted in 感想レス [編集]
カテゴリ

openclose

タイトルリスト#
◆Date:2011年01月
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。