スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / --. Posted in スポンサー広告 [編集]

一行感想レス@おひさしぶりです!

こんばんは。すっかり暑くなりましたが、いかがお過ごしですか?
現実社会のうまくいかなさ、味気なさに、ニュースや新聞を見ていて心折れそうな気がするのですが、
被災地の方、危険な業務にたずさわる方々、みなそれぞれに自分の仕事をしているのだろうなと・・・

自分としては、
現実と空想世界をしっかり繋ぐようなものを書きたいなあと、最近は思います。
とりあえず、待っていてくださる方に物語をお届けするのが自分の任務と思い、
少しでも楽しめるものにできるよう、日々ない知恵を絞っています。

*

それでは、久しぶりのレス書きです。
ソエルスブルク編が終わってから、の一念で書き進めてきました。
書き方を変えた部分もあり、まだまだ試行錯誤というところです。
読みづらかったらそのせいです。あと、暑さのせいも二割はあるかな・・・。(暑くて熱出た)



ヴィクターのミスは、フィアの明後日方向の行動力を頭に入れていなかったこと、ですね。それで、何度も痛い目を見てるはずなのに。


こんばんは。ひさびさのレスとなってしまい、お待たせしてしまいました。

たしかにそうですね。私もあのあたりで、フィアは王都を出ないだろうと思っていたんですが、気がついたら家出してしまっていました。「フライングしたノイエのせい」という話もありますが、フィア個人としても、だいぶ「諦めよう」という気持ちがあったみたいです。

フィアの頑固さ、意固地さを、ヴィクターはまだ読みきれてないみたいです。頑固ってことは知ってるようなんですが。最後の最後では、「泣きながらでも、しおらしく自分を待っているんじゃないか」みたいなことを考えちゃっているのかもしれませんね。だめなヤツです。


ハンナが、まさか、本当にやるとは、思っていませんでした。ある意味、期待通りの動きではありますけど。


こんばんは。暑い日が続きますね。
「まさか本当にやるとは」というのは、あれですかね、盗み・・・のことですかね。
ハンナはやってくれました。悪いほうに、きっちり行動力を発揮してくれました。フィアはちょっと身内運が悪いなぁ・・・と今さらながらに残念に思いました。(ぬすっとのおば、修道院に引きこもる兄、そして結婚相手はいつも留守・・・。)


おばさん、救いようのないです。フィアがおばさん信じすぎでつらいです


こんばんは。感想ありがとうございます。
救いようのないおばさんですが、なぜかどうしても、フィアのおばさんについては書いておかないといけない気がしたんですね。めちゃくちゃな人ですが、出して良かったと思います・・・。そんなフィアも、最後には泣かされる羽目になってしまいましたが。


ここで傷ついたフィアを上手く励ましたら、仲が急接近かもーなんてwヴィクターは一刻も早くフィア探しに行かなきゃーっ


感想ありがとうございます♪
傷ついたフィアをうまく励ましたのは、どうもルーデック君だったようです。


なんでこー次から次に厄介ごとが…。ヴィクターさん、眉間に深~い皺が刻み込まれそう


いらっしゃいませ。
フィアは厄介ごとを引き寄せる体質なので、そういうふうになってしまうのでしょう。主人公の資格じゅうぶんです。でもなぜかヴィクターは余裕ぶっていて、フィアが自分から去らない、と思いこんでいるようです。これからそのツケを払わされることになるでしょう。逆ギレしてルーデックに切りかかったりしないでほしいものです。


フィアお願い!大好きだからもう少ししたたかになってっ。疑ってもいいのよっ!!


フィアを応援してくださってありがとうございます。
「したたか」さは、まだ当分身につきそうにないですが、(裏設定ですと、二十代もずっと苦労をします)いろんなことを体験しながら、少しでも大人の女性に、淑女になってほしいなあと思いながら書き進めています。


フィアのためにも陛下王都に戻ってくれ…という気持ちもありつつ、皇帝からの親書に胸が熱くなりました。陛下が次期皇帝の後継人とかまさかの展開すぎる!罠である可能性もあるけど、ワシュトリア内が実際どんな状態なのか、結婚妨害とどう関わってるのか(または関係ないのか)、これからの展開がますます楽しみです。


政略のほうのお話は本当にわかりづらいので、そこまで読んでくださっていると思うとかなり嬉しかったり。いつも皆さん、よく読んでくださるなぁと・・・。書いている人は、暑さにやられて意識もうろうとしてたりするのですが。(矛盾箇所はあとで直すようにしようと思うのですが、なかなか・・・)

ソエルスブルク編はヴィクターが出ずっぱりでしたが、ここから先はまたフィア視点に戻ります。政略のお話も趣味で書けて楽しいのですが、やっぱり恋愛ファンタジーですので、そこのところを忘れずに最後まで進みたいと思います。

おばさん…自業自得です。おばさん救出にお金の奪還。ルーデック一人は荷が重い!!続きまってまーす!!!


おばさん+ルーデック君が登場した、いわば「かけおち編」? 気づけばフィアはルーデックといい仲に・・・。ルーデックなんて最初は眼中になかったのですが、無言のアピールに負けました。本人は言わなかったかもしれませんが、実は最初に出会った時から、フィアを「ちょっとかわいい」と思っていたらしいです。たで食う虫も好き好き。

はらはらどきどきの展開ばかりで目が離せません。フィアを放っておけないルーデック君との今後の関係が気になります~


感想ありがとうございます^^
いろいろと書きたいこともありますが、ネタバレになるので、次章を書き終えたあたりで書かせてください!


話の展開のイライラ感がたまりません。もっと読み手をヤキモキさせてくださいw


イライラ、ヤキモキ・・・けっこう難しいんですよ!!(泣)
でも、そうエールをいただくと、頑張らないといけないなって気がフツフツとしてきます。
今回の章はガチガチしてたので、次章は楽しいものにできることを祈りながら。書き進めます!

ヴィクターさん、大急ぎでワシュトリアから帰ってこないと、、フィアをルーデックに取られちゃいますよ


ワシュトリア帝国・ソエルスブルク編、二ヶ月で帰国できることになったみたいですが、無事に王都につけるのでしょうか。いまごろ、フィアは皿洗いに熟練して、ちょっとした息抜きに皿回しくらいできるようになっているはずです。

ルーデックに取られるというのは、ヴィクターの中では全然危機感はないみたいです。「誰だ?」というくらいの認識でしょう。人生初、かんぺきにふられてみるというのもひとつのエンディングだろうと思います。(そんなエンディング・・・。)

ル、ルーデックー!?まさかなダークホース(?)の出現に動揺してしまいました。まさにどん底状態なフィアが見ていられない…しかし肝心の陛下は外交問題に振り回されているし、ノイエ兄さんは絶賛迷走中だし、レヴィンさんは鼻で笑って切り捨てそうで怖いです…。
フィアと陛下のすれ違いっぷりが国内どころか国際規模になっちゃいそう(一回なってるけど)…このまま戦争編に突入なんてことは…ないですよね?


見事にまとめてくださって、「あらすじ」としてサイトのトップに飾れそうな気がしました。(感嘆)
ルーデックは、凡馬のはずが、気づけばレースの最前列に躍り出ています。最後尾は王さまです。

それにしても、このカップルはいつも国際的にすれ違っていますね・・・。
「1」ではヴァレンヌ、「2」ではワシュトリアと、国境をまたいでしまっています。

最近になって、実はヴィクターって、書いてる人間が考えているよりずっとフィアのことが好きなのかもしれないなあ・・・と気づきました。これだけ書いてきて、やっとつかめたキャラ性というか。そう思うと、彼らの迷走は私の力不足であるので、後半は彼らの気持ちを最優先にして、丁寧に書けたらいいなあと。時間がゆるすかぎり、向きあってみたいと思っています。


とうとうフィアが「もう人を信じない」なんて言うようになってしまった…。身内にこんな裏切られ方したら無理ないですが。
今までどんなことがあってもお人よしのままだったのでもっと賢くなってほしかったけど、こういう台詞が彼女の口からでるのはやっぱり寂しいですね…。ヴィクターさん、ノイエさん、どちらでもいいから早く迎えに来てあげて!と叫びたいですが、年が近くて対等な感じのルーデックといる方が、二人三脚で成長していけるのかもなぁ…と思ったりもします。


信じないって言っても、たぶんすぐ信じるんだろうなあと思うんですが、今回はかなり痛い目にあってしまいました。フィアにとって「家族」というのは特別なものなんですよね。彼女に安らげる家庭を与えてくれる人はこの作品の中にいるのでしょうか?

今のままだとルーデックしか思い浮かばないよ。(-ー;)
スポンサーサイト
2011 / 07 / 15. Posted in 感想レス [編集]

一行感想レス@続・おひさしぶりです!

続きです '0'ゝ

ほぼ毎日見に来てます。ファンタジーな世界で等身大に生きるフィアやヴィクターたちは、私のなかですごく大きな存在です。「フィア、どうしてるかな」って、古い友人を思うように日常で考えることがあります。riraさんの騎士と乙女の物語が大好きです。こんな今だからこそ、キャラクタみんなの生きざまを最後まで見届けたいと思う


感想ありがとうございます。
嬉しくも、もったいないお言葉です。
本当は一人一人のキャラをもっと上手に書いてあげられるはずが、力量不足でなかなかうまくいかず、悪いことをしたなと思うときもあります。でも不思議と、感想をくださるサイトのお客さまがたは、キャラの気持ちを分かっておられるようで・・・。そのお言葉のほうに、自分がハッとさせられたりする日々です。

このサイトに通ってくださる方々に負けないような、と言ったらヘンかもしれませんが、恥ずかしくないお話を書いていかないといけないなと思ったりもします。改めて気持ちが引き締まりました。未熟な部分も多々ありますが、これからも応援くださいましたら、本当に嬉しく思います。


思い出す最近のフィアは泣き顔ばかりデス。フィアの笑顔に会いたいな。フィアが傍らにいて満ち足りてほほ笑むヴィクターを見たいな。大変なときですが、更新、楽しみにしています!


「満ち足りてほほ笑むヴィクター」・・・!!
なんという、教会の絵のようなシーンでしょうか!!
そんな美しいシーンを想像してくださる皆さまに、私はしょうもないものをお届けしていないかと、本当に自分を叱咤激励したい気持ちになります。暑さと戦う被災地の皆様、放射能の不安と戦っておられる皆様、本当にみんながみんな、自分のテリトリーで必死に戦っている時です。私は私で、自分の得意なことで、少しでも誰かを楽しい気分にすることができたら・・・と思います。

皆さまも、夏バテしないよう、熱中症にならないよう、くれぐれもお体には気をつけてくださいね。


前回更新から2カ月ですね。


感想ありがとうございます。
ソエルスブルク編、なんとか終了しました。どうでしたでしょうか。かなり趣味に走った話になってしまい、つまらないところも多かったかもしれません。ごめんなさい。(先に謝っておく作戦)

というか、「あっ、二ヶ月も空いてるんだ」と思って、正気に戻りました。時々精神がどこかに行ったまま戻ってこれないので・・・。定期的にいただく「前回更新から~」のコメントには密かに(かなり)助けられております。ありがとうございます。(ぺこり)


フィアとルーデックには明るい雰囲気が似合うので、最近の展開は読んでいてつらいです。またフィアの考えが変わってきていてそれになんだか寂しさを感じます。フィアと陛下の漫才が懐かしい…。また二人の掛け合いが見たいです。


漫才をしていたときがありました・・・。
二人が一緒にいなくなってからずいぶん経ちますね。そろそろ出会わせてあげたいです、ほんとに。
次章でできるかな、できるはずなんだけど!


沢山更新嬉しいです


今回もまたたくさん更新しましたよ☆ ちょっとかたいお話でしたが。
リンクミス、誤字脱字があったら、掲示板かメールでぴしっと教えてくださいね。
自分でもなるべく気をつけてはいるのですが。大量更新時だとちょっと心配です。


「ルーデックさんて、子供っぽいと思ってたけど、案外男らしいところあるのね」→普通だったらフラグ発生ですよね。夜這いなんて大胆!でもチェリーっぽくて初々しいところに好感度UP。エルケルご夫妻。そうなったら、なんだかんだで幸せそう。どうなる次回。ドキドキします。


「チェリーぽくて初々しい」のお言葉が微妙にツボでした。(笑)まさに、そんなかんじでしたよね。この回のルーデック。たぶん初キス、しかも失敗・・・。かわいそうなやつです。でも、そんな彼も、数年後には実はけっこういい男になっていたり?

続きもがんばります^^

ルーデック、血迷っちゃダメ。……お似合いではあると思うけど。


意外にお似合いだったんですよねー。
エドアルド、シグワス、ノイエ、ルーデックと、恋のライバルはけっこう豊富に登場しましたが、いちばんフィアに似合ってるのがルーデックなんじゃないかと。たぶん、いい夫婦になるんだよなあー。エンディングをグワッとねじまげて、ルーデックとの結婚式で終わりたいです。(!) きっとこじんまりとしていい式なんだ。


絶対ヴィクター派だったのに、うかつにも、ルーデック、いいんじゃね?何だかんだイイ奴なので、幸せになれるよって思ってしまいました。ノイエのときは思わなかったのにぃ!(涙)


ノイエはブレる。でもルーデックはブレない・・・。
平凡なキャラとして登場したのに、こんなに存在感を出してくるとは侮れないヤツです。しかもけっこう面倒見がいいんですよね。キャラの中では最年少のほうなのに、年が近いのが逆によかったのか?、フィアも気心が知れていて気楽みたいです。

ヴィクターや、ノイエさん、教会の下で暮らしていたころは、目の前のふかふかのパンに心奪われる子だったのni


いつまにか、目の前の料理よりも悩みごとに心を奪われる子になっていました。
年頃ってことなんでしょうか。
まだ恋の自覚は少なめですけどね。

待ちに待っていました~!嬉しいです!!しかしルーデックさんとフィア結婚か?ドキドキです!!またまた続きが楽しみです!!


・・・結婚してもいいですか?(まじめに質問してみる)


更新嬉しいです!フィアは地味にモテますね…。波瀾万丈な人生なので、羨ましいとは思えないのがなんとも(笑) 私は、いつまでもヴィクターさんを応援してますよ!


こんな状況になってもヴィクター派は消えていませんでした。
かなり危ない立場ですが、どうするつもりなんでしょうか?
今のところ私にも見えてきません。(まずいです)


ヴィクターが遠い・・・ルーディックはいいやつだし。。。続きがますます気になります(> <)


やっとヴィクターが帰国してきますが、彼にとっては寝耳に水なことがたくさんあるでしょうね。なんとなく気づいている部分もあり、全然気づいていないこともあり・・・。ルーデックとイチャイチャしてるところでも目撃して、ガツンとショックを受けたらいいのかもしれません。


更新ほんとにうれしい!毎日通って待ってました!読めば読むほどルーデックいいやつ…ヴィクターさんさえ居なかったら応援できたんだけどなあ。ままならない。それにしても、ここからどうやってフィアとヴィクターさん再会するんだろう?想像もつかない!その時の二人の第一声が今から楽しみです~^^


ありがとうございます^^ 毎日来てくださって嬉しいです!
エドアルドやシグワスはヴィクターに太刀打ちできませんでしたが、なぜか新人(19才)のルーデックが強力な壁となって立ちはだかってきました。初めてヴィクターが窮地に追い込まれている気がします。というか、本当にふられそうですよね。

「騎士と乙女」の騎士はルーデックだった、みたいなオチになったりして・・・。


陛下との道のりが遠く果てしないので、手近な幸せで妥協したい気がします(読者は笑)。フィアって誰にでも手を差し伸べるけど 続)だからってその人が特別てわけでもなく…勘違い男多数になっちゃってますよね(笑)。ルーデック君もそのうちの一人となってしまうのが、惜しい…。平凡で小さな幸せが似合うのになぁ…陛下に会いたくなっちゃいますね(困)再会はいつ~?


きっともうすぐ再会できるはず!!

それにしても、フィアとヴィクターは、相当ガンコにくっつきません。フィアの中に拒絶する何かがある、と言ったのは占い師の老婆でしたが、どうなのでしょうね? 元・修道女としては、やっぱり何かわだかまりが残っているのかもしれません。

ルーデックはどうするのか? クリステラはどうなるのか?
大まかな方向性は決まっていますので、あとは書き進めるのみです!



とりあえず、いったんここで。
いつも読んでくださってありがとうございます。
完結まで気をゆるめずに頑張ります。夏バテと戦いつつ・・・!
2011 / 07 / 16. Posted in 感想レス [編集]

一行感想レス@新章執筆前

こんにちは。
女子サッカーではドイツ大会での歴史的快挙、久々に胸が熱くなったニュースでした。
(ちなみにメルケル首相は、決勝観戦日はお誕生日だった・・・と小ネタを挟みつつ。)



*

さてさて、レスの続きです。
ソエルスブルク編がなんとか終わって、気分的にもひと段落というところ。
メールのほうも楽しく読ませていただいてます! ありがとうございます。



来てた更新!嬉しいです!ルーデック、悪く無いと思うんです、でも今の所フィアが悉くフラグをへし折ってる気が・・・傷心の乙女はなかなか心が開けないのね・・・


いらっしゃいませ。
フィアとルーデックに関しては、またぼちぼち新しい展開があります。
次章で書く予定なので、更新を楽しみにしてくださるとうれしいです^^

更新、待ってました!!でも、ハラハラドキドキで展開が想像できな~い。


ご訪問ありがとうございます。
展開が想像できないのは、書いてる人も同じですよ・・・フフ。(想像したほうが!!)

もう、ルーデックでいいです!むしろルーデックがいい!!笑


感想ありがとうございます。
ソエルスブルク編の前、フィアとルーデックの「逃避行編」?のおかげで、ルーデックの株がかなり上がりました。お兄さんたちが戦死して、その償い的に(ウルリクの尽力で)騎士にとりたててもらった人なので、騎士としての修行はなんにもしてないんですが。そのわりには、けっこうしっかりフィアを守ってくれたなあと。
・・・ルーデックいて良かった。(ボソ)

ふぃ、フィア・・・本当に「いいとこの男」キラーwwwww


ルーデック君も「いいとこの男」に入ってますか?
身分は低いけど、爽やか好青年かもしれませんね。
ヴィクターも、自分のライバルが十九歳の若造だとは思ってないでしょう。会ったときが見物です。

もうそのまま結婚しちゃってヴィクタ―を後悔させちゃえ


ものすごく後悔しそうです!
でも、結婚なんて勢いでするのがいいのかもね。(?)

ルーデック、意外と甲斐性あるなぁ。2人はお似合いだと思うけど、フィアは占いバアサンの言葉を気にして男性との交際は距離おきそうですね…。占いなんて気にしちゃいかんよー!


あの謎の占い老婆、通りすがりなのに、不気味な存在感を発していました。
全然予定してないのに突然あらわれ、無茶なことをいうキャラ・・・。あとが大変です!

何やら、雲行きが怪しくなってきましたね。ヴィクター、この状況をどうひっくりかえすの?


もうこのままルーデックルートでお願いします!笑



ここまできて、ルーデックとの結婚式にヴィクターが参列・・・みたいなエンディングとか、なんかバッドエンディングくさくないですか?; でも、フィアは平凡に、そして確実に幸せになれそうだ。波乱万丈より身近な幸せがいいなあと常日頃思っているところなので、心が揺れますね。

エンディングを二本作って選択式で読めるようにするとか、どうだろう。(葛藤)

もうヴィクタ―のはいる隙間がどんどんせまくなっていく・・・


最新章ではかなり出ずっぱり、と思いましたが、よく考えればフィアと会ってないですね。意味ないよ。
自分の留守中、配下の騎士に恋人や妻をとられるというのは、騎士物語では王道の展開なので(ヘンな王道)、一度やってみたかったのですが・・・。やっぱり「うかつ」な感じですね。次章で巻き返せることを祈って。


*


ほほえましすぎる…にやにやがとまりませんでした(笑)何の不安も感じられず、誰の誹謗中傷も無く、平穏で、これって誰も反対しない結婚なのでは!!??ヴィクターさん完敗ですよ(笑)


いったん間を置いて続きのレスを書かせていただこうかな、と思ったのですが、よく読んでみると全部ルーデックへのエールじゃないかあ! 次章でフィアとルーデックの続きが出るので、ネタバレみたいなことは書けないし。くわっ・・・!(←追い詰められた)

何かルーデックの方が幸せにしてくれる気がしてきました…陛下、早く再登場してください!!


早く再会しないと、ルーデックに主役の座を奪われるような気さえしてきました。

ルーデックの内面より、自分との釣り合いや事情を知っているという点で結婚しても良いかもというのが、何となく切ない…。昔のフィアなら、結婚は愛し合う者同士がするもの!とか言いそうなのに。まぁ双方に愛が全くない訳じゃないだろうし、今までのフィアの苦労を考えれば無理も無い思考なのかな。でもまぁ2人とも可愛かったです!ほのぼのとした家庭を築いて幸せになれそうですね…。ルーデックは良い子だなぁと思いつつも、やっぱりヴィクターさんに頑張って欲しいこのジレンマ…!「俺だけを愛せ、ただ側に居ろ、お前のしたい事は全部俺がする。」というヴィクターさんの言葉にぐっときたもので…。


フィアとルーデックの家庭は、ほんとにフツーに幸せそうですよね。
いわば、ちょっと現代的なカップルかもしれません。年が近い者どうし、お互いに成長しながらやっていくという。日本でもヨーロッパでも、昔の結婚はもっと年が離れていたようですので。(再婚とかも、そんなに気負わずにフツーにやる)

でも、最後の最後では、やっぱりヴィクターに頑張ってもらいたいなあという気持ちはあるのですよ。なんか、本人が迷いに迷ってて、最近まで決めかねていたらしいのですが。でも最新話だと、「潔く諦める!」的なことを言っていたりして?(どうするのだ?)

今までフィアちゃんには陛下でしょ!と思ってましたが、ルーデックくんいいですね~。とにかくみんな応援したくなっています


ああーみんなルーデックに転んでいく・・・。
ル、ルーデック・・・恐ろしい子!!

ルーデックさんとフィア微笑ましい~そうだよね・・フィアの気持ち分かります・・ヴィクターさんやノイエさん・・身分違い過ぎるから色々考えて仕舞いますよね。でもでも一年後が気になる!!本当に次の展開が楽しみです!!


次章で巻き返せなかったら、もうヴィクターは終わりですよね。

今までに無い、リアルな展開。このまま数年後展開でもOK!もう年なのでハラハラ展開だと疲れちゃって。穏便に幸せにで宜しく。


数年後展開ってどうするんですか!(笑)


   ──そして、フィアとルーデックは結婚したのであった。

   ──数年後──

   「もー、ルーデックさんったら! また仕事道具散らかして……」
   テーブルを片付けようとしていたフィアの手が急に止まる。
   開け放した玄関扉の向こうに立っている客人がいたのだ。
   「……久しぶりだな」
   「あっ……」
   皿洗いですっかり汚れている服をぎゅっと握り締め、フィアは絶句して立ち尽くした。

   

・・・こんな感じですか・・・?

ルーデックくんとフィアのあまりのほのぼの夫婦っぷりに笑いが止まりませんでした。ヴィクターさんに見せてあげたいです。嫁とられるぞ!


誰か教えてあげたほうがいいですよね。嫁とられてるって。

なんだかんだでフィアにはヴィクターさんだと思っていましたが、ルーデックルートいいなぁー!ほのぼの夫婦かわいい。これに負けないくらいのものを見せてくれよ、ヴィクターさん!


ここからではハードルが高すぎる、ということに今さら気づいた次第です。
なんてことをしてくれた、ルーデック!

面白かったです! フィアにはヴィクターだとずっと思ってましたが、ルーデック君が一番だと思いました。(笑


たまにはヴィクターのことも思いだしてあげてください。(涙)

最近の展開を見ていると、どんどんルーデックに傾倒してしまいます(笑 二人とも可愛い!!


この場にレヴィンがいたら、この展開に満足しているに違いありません。
まさか、それを見越してルーデックをつけたのでは?(んなわけない!)





改めてレスを書きながら、ルーデックという雑魚キャ・・・いえ、控えめな脇役キャラの破壊力におののきました。というか、フィアとルーデックがなんか微妙にはまりすぎたのかもしれません。

ルーデックが「フィアの父と同じ名前」と急に言い出したのはハンナさんでしたが、あれは不吉な予言だったようです。次章、ヴィクターが巻き返せることを神に祈りつつ・・・(もう、祈らないとどうしようもないような気がしてきた)。

*

とりあえず、今日はここまで。
いつもたくさんの感想をありがとうございます。
次章も楽しんでいただけるものになりますよう!
2011 / 07 / 20. Posted in 感想レス [編集]

一行感想レス@新章執筆前2

続きです。
レスをガーッと書くというのも気持ちのいいものですね・・・。
時差レスがやっと追いつきそうです!



フィアが面食い認定されているのには笑いました。そんな事ないのに。


いらっしゃいませ。
フィア本人は、わりと人の顔とかなんとも思ってないみたいです。たぶん、区別がつかないんでしょうね・・・。かっこいいとか、よくないとか。判断基準も「顔色がいい」とか「ツヤがある」とか、「青果市場じゃないんだから!」という感じです。

ルーデックだったら、「騎士と乙女」ってタイトルにピッタリだ(笑)


こんばんは。感想ありがとうございます。
この感想をいただいて、私も「ピッタリだ!」と思いました。(笑)
フィアとノイエ、とかだと微妙にハマらないんですよ。このタイトル。
(ノイエはオマケ話とかで、いつもひどい扱いにしてしまう・・・。)

恋愛にまつわる争いで誰もが幸せになるなんてことはまずあり得ません。さて、ルーデック君、余計な事をしたものですね。不幸になるのは誰でしょう。


いらっしゃいませ。
たしかに、全員が誰かとカップルになるなんて、ないですもんね・・・。自分の中ではルーデックの未来は決まってるんです。さすがにルーデックの十年後とかは書けないと思うのですが、それらしいところまで、なんとか完結までに書いてあげないと。
次章はいろいろやりたいことが詰まっているので、頑張ります。更新までもう少しお待ちくださいね。

やっぱりフィアには平凡なのがあってるねえ。どっちを選んでも納得できちゃうな


ルーデックと一緒になるっていう未来も、たぶん、今の時点ではあるのだよな~。
いろいろ考えてしまいますよ。

ヴィクター!早く戦いを終わらせてフィアを迎えに来て


やっとそこへ追いつきそうです。もう少しお待ちくださいね!
でも、せっかく迎えに来たのにふられるとか、そんなことにならないように気をつけてほしいです。

戦いに勝利したら、その後暫く好きにする予定のヴィクター!騎士団長もまさかまだあのフィアの件で好きにするとは思ってないだろうけどどうなるのかな(笑)過去の罪と後悔を背負って憂いのある陛下はかっこよくて好きです。ワシュトリアの若き皇妃の嘆きを見て、ヴィクターも何か感じる所があればいいなと思います。


ウルリクはなんとなく感じているみたいですね。<好きにする
彼が移民だというのは前から設定にあったのですが、ワシュトリアに残るというのは予定外のことで、お話というのは思ったほうに転がらないものだなあとしみじみ思います。若き皇妃についても、今回少しシーンを入れてみました。(削ろうかな?とも思いましたが、結局。)お読みいただけましたら幸いです。

ヴィクターさん、変わろうとしてますね。人は利だけで生きるわけではないと、昨日のドラマ「JIN」でもタイムリーに言ってました。フィアはきっと帰ってくる。神様も許してくださる。と思いました


今回の章は、ヴィクターの心の変化が大きい章になりました。その意味で少し異色だったかも。

JIN、面白いですよね~。ウチも「2」が録画してあったので、先日一気に最終話まで見ましたよ! 熱気があって、役者さんもハマっていて、久しぶりに見ごたえのあるドラマでした。(勉強になったこともたくさんありました。) 「1」のほうは見たことがないので、時間のあるときに見たいです。

そういえば医龍の「2」も個人的に傑作だったんですが、「2」で「スーパードクター」として登場する人がJINでも医者役で出てて、自分的にはけっこう見どころだったりしました。


フィアとヴィクターで、この二人がやっぱりやり残してることがあるような気がして、自分でも「何かな」と思いながら「2」を書いてきました。居眠りしてるような文章だったり、時間があいて散漫になったりして、あとで手直ししたいと思う部分はたくさんあるのですが、「やり残した何か」は少し分かったような気がしています。

完結に向けて、ちゃくちゃくと進んでいきたいです。

うおおおヴィクターさん…!


ソエルスブルク編、いかがでしたでしょうか。
もっと詰め込みたかったものもありましたが、ページの都合上(※webだから限界ないけど)削りました。また余裕が出たら、一話か二話、継ぎ足したいような気はするのですけどね。

とりあえず今は、次の章を書ききらねば、と思っています。がんばります!

そこにつながるとは…ヴィクターさんが出てくると身が引き締まります。


つながると思ってなかったんですが、気づいたらああいうふうにヴィクターが言っていました。
不思議なものです。(書いてる人はけっこう健忘症なので、すっかり忘れてたりするんですが;)

やっぱり陛下には、フィアが必要なんですね。新米騎士に寝取られかけてますけど。


寝取られても、意地で取り返してほしいですね。
たぶん、新品じゃないとかはあんまり気にしない人なので。(何を書いてるんだ。つられました。)

最近出番の無かったヴィクターが決意していて恰好良いです!でもフィアは他の男と婚約しちゃってて、陛下可哀想に。


なぜか、「ヴィクター! ……でも、かわいそう」というレスが続き、彼の立場の苦しさが伝わってきます。

一気に沢山読めて嬉しい!!!フィア主役だと瑣末な事が大事件になって、話が進まない印象があるのですが(それも面白いのですが笑)、ヴィクターさんの話はサクサク進んで気持ちよいです♪ウルリクの許可も取り付けたし、どうやって結婚する気なのか楽しみにしてます。王都に戻って、自分がフラレてた事を知るんでしょうか?それにしても、今回の解決ぶりをみて、本当陛下はフィアの事「だけ」が、いつも上手くいかないのだなぁと実感。


ソエルスブルク編は、全体で文庫本一冊分くらいになっています。それを二回?くらいに分けて更新してみました。ちょっとまとめて更新してみたかったもので。

フィア編とヴィクター編は、あまりにも内容が違いすぎ、自分でも別の話みたいに思うときがあります。(笑) そのあたりがフィアが「住む世界が違う」と感じるゆえんかもしれません。ほんとに住む世界がかぶらない・・・。

ほんとに佳境に入りますので、少しでもその世界が重なるようにがんばって書きたいと思います! なんか、自分でも「無理じゃない?」って思う気持ちが六割くらいあるんですけどね・・・・・。(どよーん)

ウルリクさん…、ヴィクターさんにとって父のような存在に、フィアとの結婚の一応のお許しが貰えましたね!良かった良かった。しかしヴィクターさん、国に帰ったらフィアが居なくて本気で吃驚しそうですね。ノイエさんはどこまで話すのか…。


ウルリクとヴィクターは、出会った頃はかなり険悪な仲でした。完結後に余裕があったら、子供の頃の話は外伝で書きたいですね。半分ほど出来ているやつがあるので、なんとか・・・。まあ、これはこれで複雑な話なので、書くのは難しいかもしれません。
とりあえず本編を!

陛下の母君、さり気なく、シグワスさんの事匂わせてますね~!フィルデールじゃないけど、はよ王都で二人のイチャイチャがみたい…


ヴィクターとシグワスの幼年期の話は、相当込み入ったものになるようです。うーむ。
突き詰めると、やっぱりヴィクターの父親が誰なのかというのはちょっと謎なんですよね。私もあんまり突き詰めてないのですが。(なんか、開けちゃいけないフタのような気がする) 気持ち的には、アルベルトさんの息子であってほしいという感じなのですが。(あとはご想像にお任せします、の世界かもしれない)

ところでオスカールさんはどこに行ったんでしょうか


たぶん、「1」のあと、怪我の療養のために田舎に引っ込んだんですね。その後の消息が不明ということです。「2」のなかで書こうかなと思ったときもあったのですが、「1」の終わりを見ると、なんか触れないほうがいいような気がしないでもなく・・・。ここも、ご想像にお任せします。
ひょんなときに再登場、なんてことがあったらいいのですが。

すみません、キーボードが暴走しました…。「カイ耳」はミスですので気にしないでください


はーい。ノープロブレムです☆
(なんとなくかわいかったのでそのまま・・・。削除希望ならメールでもくださいまし)

陛下かっこよかったのか。あまりに久しぶりすぎて驚愕と、でもやっぱりかっこいいなという思いと。


そ、そんなに久しぶりでしたか?

今思うと、もっと傷のないキャラクターとして作ってあげればよかったなあと思わなくもないのです。でも、なぜか最初にあのシーンがあって、そこから始まった物語だったので、他にどうしようもなかったですね。あれがなければフィアに出会わなかったということが、もしかしたら、けっこう大きな意味のことなのかもしれないと思ったり。

フィアとのことをどう上手くするのかその手腕に期待したいけれど、ルーデック君も捨てがたい。


ほとんど同じ気持ちです。

ウルリクの許可が出たのはいいけど、クリステラさんの事はどうなるのか。彼女は良い娘なだけに心配です。


ここもなんとかしないといけないですよね。
いちおう、決まっている感じではあるので、更新をお待ちください!

とか言いながら、ぜんぜんピシッと決まらなかったらどうしよう。

陛下の事は好きだけど、やっぱりフィアとは釣り合いがとれないなぁ…陛下が一人つっぱしって事を進めてるけど、フィアの気持ちが追いついてないよー!!このまま陛下の独壇場とならず、ルーデック、また出てきて欲しいー戦えとまでは言わないけど;


釣り合いもとれてないし、住む世界も遠すぎるのですよね・・・。
でも、次章ではまた違う展開もありますので、楽しみにしていただけると嬉しいです!

ソエルスブルクにて、とっても面白かったです。陛下とウルリクの関係やら皇帝とのやり取りやら…続きが気になってしょうがない!あとフィアがいないことを知った陛下の反応が早くみたいですね。


ありがとうございます。趣味に走った章だったので、まるごと読み飛ばされるのを想定したりしていました。もう少し詰め込みたかったなと思ったりもしますが、大筋としては思ったように書けました。あとはここから終盤に向かうのみです! 予定より一年くらい完結が遅れているので(ひぃ・・・)なんとしても秋頃までには!!

そろそろ続き欠乏症です・・・まだ半月ですが


今回は一度に100枚前後更新しましたので、「更新しすぎかも」と思ったりしてましたが、書けば書くほど読んでくださるお客さまでありがたいです・・・! 最終局面も、書き残しがないように書き切れたらいいなあと思います。がんばります!

*

ではでは、また執筆のほうにかかります。
暑くて台風もあって大変な季節ですが、夏場でも風邪がはやっていますし、体調にはじゅうぶんお気をつけくださいね。放射能も、免疫力をできるだけ上げて、少しでも害を薄めてしまいましょう!!(楽しいことや面白いことをして免疫力がアップすれば、薄まるはず!!)
2011 / 07 / 20. Posted in 感想レス [編集]
カテゴリ

openclose

タイトルリスト#
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。