スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / --. Posted in スポンサー広告 [編集]

一行感想レス@GW明け -2-

続きです。
いつも書き込みありがとうございます。(ぺこり)


「おまえ」という言葉の響きが今までと違って聞こえる~。やっとフィアにきちんと愛を伝えてくれたのが嬉しい!

響きが違う瞬間、なんか分かる・・・。いいですね!
なんか「もうおまえは俺のもの」みたいな。
(何か自分の中で盛り上がってしまう)

イグナーツが味方についてくれるとは思わなかった!良かったあぁぁ。この先が本当に辛い事の連続なんでしょうが…誰も彼も脅しすぎです。どよ~ん。

お? よく考えれば、イグナーツと親戚になるんですねフィア。うまくいったら。
そんなことにふと気づいてみたりしつつ。
辛いことの連続・・・
実は今まさにそのへんを書いているので、アップするのがためらわれます;

ヴィクターが最高に格好良かったです!いずれおとずれる”いつか”が待ち遠しくてなりません。

ここからはヴィクターの諦めの悪さみたいなものが試される感じです。
根がしぶとい人なので、ぜひとも頑張ってもらいたいところです。

ヴィクターとフィアに興奮してスルーするところだったけどイグナーツとセラエも???

軽くスルーして大丈夫ですが、実はそんなこともあったりします。
そろそろおまけ話とか横道エピソードを、小刻みにまとめていきたいなぁ。
最近やっと出来そうな感じがしてきたんですが、前は本編で精一杯でした。

長い一日が、やっと終わりましたね。でも、やっぱり、フィアを最後に受け止めるのは、ヴィクターですね。(当たり前?)これから、フィアをいろいろなものから守らなければならない面々の努力を期待します。

フィアを受け止められる人って他にいるんですかね?
考えてみたら、あからさまな恋のライバル的な男性キャラがいないですね。シグワス以来。エピソードがかなり進むと、それらしいお話もあるんですが。(未来編を読み返したらチラッと書いてあった・・・)

「お前の選択を間違いにはしない」カッコイイです!もう二人は離れないで済むのでしょうか。だといいな。

言ったからには、約束を守ってもらいたいところ。
「騎士と乙女」の騎士の座を他のキャラに奪われたくなければ、王様には頑張ってほしいですね!

フィアに「俺だけを愛せ」と言いながらも自分からは「愛している」と言わないあたりがヴィクターらしい。

確かにそうですね。
愛してるって言ったことあるのかな。……なかったっけ!?

(※気になったので全文検索した結果)
「当たり前だ!! おまえはその娘を好きなんだ。愛しているんだろう!!」「愛……」ヴィクターは軽く絶句した。
「陛下を愛してらっしゃらないんですか? シスター?」オスカールがフィアを直視して訊ねた。「えっ」フィアはそう言ったきり絶句した。
お互いに絶句しあっていただけでした・・・。この二人・・・。(軽くショック)


イグナーツさんグッジョブだーーーー!!!ヴィクター、あとは頼んだぞー

読んでくださる方から鋭いパスをいただいたような気がします。
ヴィクターガンバレ! ゴールに突っ込め!(瞬間的にラグビーになった)

長かった~謁見まで。

すみませんほんとに長かったですよね;
おまけに今も片付いてないなんて、申し訳なさ過ぎて布団があったらもぐりこみたいです。(←ただの寝る準備)

昔はフィアを足蹴にしていたヴィクターが…(感涙) フィアを守ってあげてねー!

いや本当にそうでした。足蹴+拉致監禁と、犯罪コースでした。
確かにあの頃は、ヴィクターは他人の命なんてどうとも思っていなかったに違いありません。彼の人生が変わったのはフィアがいたからなんだろうな、といつも思います。良くも悪くも、やっぱりフィアは修道女的な存在なのですよね。要領が悪いけども。

ふたりで生きよう・・・フィアを庇護するわけじゃなくて、互いに必要としあってという気持ちがとても素敵でした!

いつのまにかフィアがヴィクターにとって、自分と対等なところまで来たのかもしれません。まだまだ、フィアは頼りないですが。フィアにとってというより、ヴィクターのほうに、実はフィアがすごく必要なのかもしれないですね。

萌えました……。

そう言っていただけると嬉しいです。
続きも鋭意執筆していきます!

2部、ヴィクターの出番が少なくてフィアとも全然会えなくて、やっと会えてよかったー!さぁ、早く結婚を!w

よく考えるとなんで「嘆きの王妃」なんていうサブタイトルなんでしょうね・・・。
あんまり深くは考えてなかったですが(過去の王妃たちが嘆いてきた、というような意味でつけたと思う)フィアが嘆かされるみたいな感じで、アレですね。実際、そうなってる感じだし。ほんとに結婚できるのか!?

フィアの思考・行動の根底には、根深いトラウマがあるんですねぇ(涙)。王様とフィアがふたりで幸せになりますように!

トラウマなんでしょうね・・・きっと。
捨てられるっていうのは、やっぱり子供にとってはすごくショックに違いなくて。でも捨てる神あれば拾う神あり、とことわざに申します。懐の広い、いい言葉だと思います。作中でいえば、ヴィクターがフィアをちゃんと受け止めてくれればいいのですが。

ヴィクターが案外真剣に考えてたのが分かって安心した。でもこの人と一緒になるって大変そう

もちろん大変に違いありません! :)



それでは、いったんこのへんで。

時々「なんだこれはー!」と思う回も自分でないではないのですが、直感で書き進んでいきたいと思います。今けっこうな勢いで書き進んでますので・・・。そういうときに心配なのは設定の矛盾などですが、訂正は完結後にするような感じになるかもしれません・・・。

流動的な感じで更新が進んでいて、困惑させてしまっていたら申し訳ないです。なんとか形にします。
2010 / 05 / 12. Posted in 感想レス [編集]
カテゴリ

openclose

タイトルリスト#
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。